« BRが高いのはドライブだけじゃないモード | トップページ | ドールさんのお部屋モード »

2006年5月18日 (木)

ちょおハマる体験版、けど…モード

 いやぁ。E3がらみで配信されたXBOX360のテストドライブ・アンリミテッドの体験版が面白すぎですよー。ハワイのオアフ島ほぼ全域(道路以外も(^^;)を再現したマップ内で、まず自分を作ってから車を買って、島にオンラインしてる人たちとつるんで走ったりもできればレースに誘うこともできるし、友達同士でも車の売り買いできるし、ヒッチハイクもできるし(笑)、ってな感じで、自動車ゲーム初のMMOにして、ゲーム業界初の「本当の」ドライブゲームになってます。

 体験版はランボルギーニ・ガヤルド・スパイダーとシェルビーコブラのあれはムスタングベースのやつ?427じゃないモデル、あとはロータス・エクシージのフェイズ2・240Rが選べます。たぶんボットですが、他の車も名前ついてちゃんと走ってて、つついてきたりするのでなかなか楽しいです。(名前なしの一般車や後述するパトカーもですが、ちゃんとAIで考えて運転してるので、反応面白いです)接近してAボタンでレースに誘ったりできます。コースは任意。そうそう、体験版なのでロックがかかってるエリアが一応あります。
 体験版は起動から15分のタイマー制ですが、その間にもいろーんなことができます。路上にあるアイコン踏んでイベント起こすのはもちろん、好きなようにドライブできます。どのくらい好きなようにかというと。そりゃもうものすごくです(笑)。

 とりあえず自分の車ちょお頑丈で、何やっても壊れません。でもって、もんのすごい傾いても横転しません。(グランツーリスモみたい、とか思いつつ、あれより凄いことになります)で、肝の部分が「基本的にコースオフしてもあまり減速しないどころか、藪だの山だのどんどん入っていける」という恐ろしい性能を持っています(笑)。で、これでどういうことができるかというと!「横の崖を登って斜め走りで思わずルパン三世の曲を口ずさむ」とか、「山に向かって走り出し、ホイールスピンしないアクセルワークと無理のない斜度のルートを見出して登山ができる」なんて感じなわけです。あ、でもジャンピングスポットには敏感で、跳ねたときの挙動は実車ばりに派手なので、そこは注意かも。ガードレールの向こうの世界に行っちゃったりしますから(笑)。でもちゃんとその先作ってあるので、そのまま走れますけども。戻りたくなったらBACKボタンでコース復帰可能です。あと、マップ出せば道路ならw任意の場所にボタン一発で行けます。

 で、体験版のおすすめの遊び方の1つは探検・登山。ようするに道路以外を踏破しようというお遊びです。山によって難易度違いますが、結構険しい山もあるので、登りきるとけっこー感動しますよw。下りるのも楽しいし。
 もうひとつはちょいイリーガルなお遊び。おまわりさんとカーチェイスで気分はルパン、です。るぱんざさー♪と口ずさみながらやりましょう←(c)つくりものじセンセ やり方は簡単、一般の車に激突ないし接触すると、1回で画面上部のおまわりさんマークが半透過表示に、2回で完全表示されます。で、マーク1つで路上のパトカーが追跡を行うようになります。3つまでマークはつきますが、3つになるとなんとパトカー3台縦に並べて路上封鎖してきます。もー一般の車とか他プレイヤー(のボット)とか走ってるパトカーとか巻き込んで大迷惑なんですが(^^;、路肩を抜けられればあっさり回避できたりします。で、パトカー付近で停止ないし低速になってしまうとキップ切られちゃうので、そうならないようにえんえん逃げ切る、という遊びです。ずっと山の中走ってれば捕まらないので、あえて挑発行為を繰り返すのが楽しく遊ぶコツですw。15分逃げ切るのは案外難しかったりします。
 ハワイ州警察はこのゲームの中では結構ひどい連中でw、後ろから車を押して路肩の障害物に突っ込ませたりとか平気でしてきます。ぶっちゃけ悪い人たちなので、バーンナウトかなんかやってるつもりでどんどんはねちゃいましょうw。

 右側通行なのを除けばきわめて実生活に近い感覚の中、いろんな遊び方ができるとてもいいゲームなのですが、残念ながら日本での発売日は未定です。(発売は決定してるのですが)インプレスの提携ライターがMSのムーア氏に「ホントに日本でやる気あんのかゴルァ」とか噛み付いてましたが(^^;、確かにそう思う反面、海外優先にさせたのは他ならぬ日本の顧客だってことを忘れちゃいけません。さて、ここらへんから360の現状にテーマをシフトしてみますが…。

 先日のE3の感想で360に関して目立ったのは「日本向けのものがない」でした。でも、これって思いっきり言い訳なんですよね~。こないだヲサネコの家に遊びに行った時にも話題になった事ですが、実は日本のメーカーも今は余程ローカルなタイトル以外は海外基準でソフト作ってます。で、洋ゲーとされているゲームを遊んでみると、実は一昔前と違い高い洗練度で作られていることがわかっちゃう。結局のところ、製造国とローカライズセンス以外に違いはなくて、内容もうほぼ一緒と言っていいとこまで来ちゃってます。(ネットゲームの類の一切は、日本製に見えるものも実は世界向けバランスだったりしますしねー。てゆうか純日本製のネトゲ自体が数えるほどしかないのに、そのセンスは海外のゲームから引っ張ってきてるってのが実情で)

 でもって本来日本製らしいゲームというとアーケードゲームだと思うんですが、これもひどいもので、例えばアウトラン2006というアウトラン2SPの移殖は、PS2・PSP・XBOXで出てるんですが、日本未発売です。輸入ソフト屋さんでしか買えません。

 日本の顧客はゲームを見てない、タイトル名を見てるだけ、というのが「日本のメーカーにすら」浸透しちゃってるのが現状で、どんなにいいタイトルが出ても気づく人が一握りなので「もういいよ;」となっちゃった会社がかなりあるようなのです。360に限らずね。もうそもそも日本人だけのために作ってるってゲームはごくごく少数ですから、日本のメーカーでもキャラゲーでもない限り販売を国内では迷う、というもうなんというか、末期的症状になっちゃってます。

 それに加えて360の場合「どうせ洋ゲーばっかだから」という、遊んだ人間ならわかるけど既に何の意味も持たない言い訳をいまだに言い続ける保守層の顧客が根強いせいで、いわれのない中傷で「もうだめだろ」と言われてるケースが多いです。(インプレスのライターも随分叩いてましたよねぇ…)加えてマスコミの理解の無さがあります。米国での報道まんまで新聞に流したせいで、PS3と360の価格差が1万5千円とか書かれたりしてました。(ご承知かと思いますが、実際には日本では2万5千~実勢で2万7千円ほど違います)でもマイクロソフトは反論の会見を一切しませんでした。これはもうインプレスのライターが穿った書き方した通りですが、日本市場は見切りつけられたと思っちゃっていいんじゃないかと思うほどです。先のラインナップも精鋭揃いですが少数で、海外とギャップあるのは事実です。ローカライズに時間かかるのはわかるんですけどねー。でも、これは日本製ソフトがノしていた頃、海外のゲーマーさんが同じように味わった歯痒さなんだと思えば、単に主導権が移ったのだと納得できるかと思います。これはもう360に限らず、WiiであれPS3であれほぼ一緒でしょう。同時発売ってのは実は結構難しいことです。

 てなわけで風評に惑わされる輩多数の中、実は細々じっくりではありますが360は台数を静かに静かに伸ばしてます。現在日本で20万台ちょいらしいですが、3ヶ月前のデータでは12万台だったんですよ。ちゃんと伸びてきてはいます。理由はそれぞれですが、安定した環境できれいな画面でFFXIを遊びたい人だったり、N3で入ってきたり、PSU狙いだったり、経済的な理由で乗り換えが遅れてた旧XBOXのユーザーさんがやっと入ってきたり、いろいろです。実はロストプラネットの体験版の評判を聞きつけて、それだけで買っちゃった人もいます。あとはカルドセプトレジェンドを待ってて、もう買っちゃったなんて人もいるみたい。で、ついでに既に出てるゲームで遊んだら「面白かったよ!?」って反応が出たりしたそうで、ちょこっとずつですが足場はできてきてるんです。度々SCEシンパの横槍受けながらも、そういうのはスルーできる理性ある人たちの間で(笑)。

 ようは「ゲームが好きな人」はちゃんと360の動向気にしてるんですな。「流行りモノが好きな人」は「FFとドラクエ」の動向を気にするだけなんですが。(決してハードの動向ではありません。これでPS3が安ければ、迷わずPS3だったのでしょうけど>流行りの人)
 流行りは民意から発してるようで実は最近は完全にマスコミの制御下なわけですが、PS3がコケた時の保険を考えてないのが注目すべき点です。切り替えがきかないとこはすぱっと淘汰されるでしょうねー。今ではゲーム好きの口コミマーケットはごく小さいのが実情で、それは寂しいことです。DSのWi-Fi入りごっこ遊びとか学習系くらいですね、口コミでまともに流行ったの。学習系はゲームと呼んでいいか疑問ですが。まあ携帯ゲーム機市場はここでは置いておきますが。

 結局のところ、ビルゲイツ氏への偏見を持った皆さんと愛国心溢れる皆さんの手によって、360の情報はうまいこと隔絶されていて、それで流行っていないのが現実です。某政党もびっくりの風評流しますからね、彼ら(笑)。で、それが嘘だと見抜けた、ないしは気にしなかった人だけが、新時代のコンソールで既にいい目を見てますよという状態になってます。

 最初の論点近くに戻りますが、XBOX360は体験版だけでも(=お金をかけなくても)びっくりするほど遊べる機械です。でも、オーナーでもそれに気づいてない人が結構いるのが実情で、それが残念でした。(ただ、ロストプラネットの体験版は相当反響あったらしく、15日夜には駆け込みダウンロードでサーバが随分混雑しました。実はE3後の今日現在でもコンテンツ残ってたりするのですがw)
 で、さらに残念なのは、体験版が出てるのに発売日が確定していないソフトが多いということです。今回取り上げたテストドライブアンリミテッドも、欧米では夏らしいですが日本では未定です。ロストプラネットは冬、ということだけ決まっています。年始くらいにはダウンロードできてた(あちらではローンチだったので)CALLofDUTY2が、6月に日本語版がコナミからやっと出てくれるとかそんなペースなので、この素晴らしいテストドライブもいつ日本の仲間達と楽しめるのか、ちょっと心配だったりします。

 最悪、ローカライズしなくていいと思うんですけどね。だって場所ハワイだし、英語で当然じゃないですか(笑)。メーターのマイル/キロメートル表示切替と、国籍表示だけできれば十分な気もします。ゲームでハワイに語学留学だッ!wとにかくあの体験版はおすすめです。

 国内のゲーム市場の劣化に苦慮しつつ、とりあえずシメとします。

|

« BRが高いのはドライブだけじゃないモード | トップページ | ドールさんのお部屋モード »

コメント

とりあえず わたしの ざゆうのめい わ
「MicrosoftはOSと言語とOffice製品以外は超一流」
です。

投稿: なかた | 2006年5月18日 (木) 21時36分

なして~? ゲームサイトでテストドライブ・アンリミテッド発売の情報が出たら360ごと買おうと思ってアマゾンキャンセルしてたのに。(マジで。) やっぱし専門誌見てないとこうなるのか(;_;) > 自分

今度の休みにでも本体買いにいくかヤフオク探すかしてみよう・・・

投稿: がこ | 2006年5月18日 (木) 22時15分

>かにさん
XBOX360を買った人がまず褒めるのはそのインターフェースなので(よするにシェルの出来めっちゃいい)Vistaがあの路線であれば、次はOSもたぶん結構マシになってるかと思います。なんかMCEでしかできない連携、Vistaでもできるようですし。(あんまし繋ぎたくないけど・笑)

>えいしにぃ
初回版でなくてもヘッドセット入ってて、サインアップから一ヶ月ゴールドなのは一緒みたいですが、ちょこっと自信ないので初回版探したほうがいいかもしれません。とりあえずサインアップ必須なので中古は駄目です。
で、専門誌に情報出てないですし、普通のゲーム誌言わずもがなです。基本的に360のソフトの情報はxbox.com/jpか、360自体のマーケットプレイスから仕入れます(無料)。だもんで、具体的なことは本体買わないと何もわからないというのがあって、それが欠点と指摘する声もあります。

投稿: ぬまにゃん | 2006年5月18日 (木) 22時42分

 登録と保証の事を考え、ヤフオクでは店のハンかレシート付きのライブ未接続だけを見続けているのですが、まだ3万を切る価格と言うのは見たことがありませんです。 やはりヤフオクで買う者って、ある程度の情報を得て納得づくでやって来てるのでしょう。

 今はもう「初回版探しの場」と割り切ってウオッチリストに入れています・・・って、今から落札しても入手は来週の中ごろだ(^^;
 近所の店に初回版残って・・ないだろうなぁ、いくらなんでも。

投稿: がこ | 2006年5月18日 (木) 22時57分

率直な意見を言うと、360はメインストリームハードではないので、本体の出荷台数が揃ってないと出るソフトも出ません。
別にアソシエイトキックされたから怒ってるんじゃありませんが(笑)、欲しいソフトがあるなら持っておくべきでした。最悪PS3に流れた可能性もあるわけで。(まあTDUはPS2とPSPでも出ますが)
マイノリティハードに関しては、様子見でソフト待ちは絶対いい結果に繫がらないことを覚えておいて下さい。上記の通り、MSは日本市場を一時的にではありますが諦めてしまいました。
TDUの体験版は説明文すらローカライズされていません。あちらのついでです。
それでもまぁ他のソフトがぼちぼち出ますし(サードパーティーはMSのスケジュールに合わせる義務ないから)、今まで買った4本も全て当たりだったので後悔してませんが。

明らかに判断ミスだったとだけは言っておきましょう。

投稿: ぬまにゃん | 2006年5月19日 (金) 00時37分

 書ける・・かな?

 待ちはダメですか(;_;)
 数出ないとメーカーはソフト出せないというのは正直言って分かる話だし、ユーザーはソフト無いと買うに買えないと言う気持ちも拭いきれないし、どうしたものか・・・・・

  などと言う前に、いつか買う気のある者は最初にとっとと買っておけと言うのは確かにアリかも。 実際、手にした360は予想以上に気に入ったし。       話は途中だけど、いったん寝る(^^;

投稿: がこ | 2006年5月20日 (土) 01時30分

えいしにぃのソフトの好みは私と必ずしも一致しないから、絶対的に勧めることはそのアプローチからは不可能。けどね、買うソフト決まってて、そして市場とマスコミの動向見て、「後押ししないと360まずいかもな」って思わなかったのなら、えいしにぃは然程本気でTDU欲しくはなかったのかな、と思います。

ってゆうか、ソフト、あるし。
使ってる人の言葉にくらい耳貸してほしいですよ;私だけならまだしも、なーししょーだって360の感想は書いてたんだし。

ちなみにヲサネコは発売日ハードだけ買ってました。FFXIやってたみたいですが。(あれはアカウントが他機種と共通なので)

でもまぁ、金欠に悩む人にまで無理強いは当然しないし、興味あるソフトがラインナップに全くない人にもわざわざプッシュはしません。でも、近くの人にはちゃんと説明してるよ、一目見れば(扱えば)買いのハードだってわかるもの。

投稿: ぬまにゃん | 2006年5月20日 (土) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95939/10129562

この記事へのトラックバック一覧です: ちょおハマる体験版、けど…モード:

« BRが高いのはドライブだけじゃないモード | トップページ | ドールさんのお部屋モード »