« タダ映画モード | トップページ | 省みる時・モード »

2006年5月14日 (日)

お車購入おめでとうモード

 うちのサークルの重鎮でいらっしゃるしろにゃんが新型ロードスターRSを購入したことをぽろっとBBSで話したのがつい先日。現時点での会誌の最新号でとても欲しい話をしていたので、いつ頃かな?と思っていたら案外すぐでした。びっくりでしたがおめでとうですね。

 で、会のメンバーにはもう一人、ある車(私が過去に試乗記で絶賛した車です)をずっと欲しがっていた人がいます。それはえぬさん。かなりのレア車で中古が高額で、何度か諦めて他の車を買う話をしていたんですが、今までの愛車プジョー205の塗装の件で悩んでてそれどうなったかなぁ…と思っていたら。

 今日珍しくえぬさんからICQが入って、「S3買うみたい」と(笑)。
 みたいってそんな他人事みたいなー!と思いつつ(^^;、聞けば205を買ったお店に相談したら、ちょうど下(取り車)で来たやつがあって、いろいろあったので全コミ200万でいいよと言われたそうで、もう手付金払ってきたそうです。走行46000kmの01年式・黄色で、はっきり言ってめちゃくちゃ好条件だったので、本当にびっくりでした。

 灯台下暗しとも思いつつ、悲願達成でよかったですねーと。待てば海路の日和あり、かな。とにかくえぬさんおめでとうございます。

 簡単に車の素性を説明すると、先代のアウディA3の、同社のハイパフォーマンスラインであるSシリーズに当たるのがS3です。同社お得意のクワトロシステムによる圧倒的なトラクションとスタビリティ、1.8Lの軽量エンジンにこの系列最大のターボを組み合わせたエンジン(馬力は235ということになってますが、体感では280馬力のランエボ等と変わりない上に車体が小さく、それでいて安定感あってトルクが下から上までフラットに最大出っぱなしなのでインプレッサより体感加速凄いです)、そこに現在アウディジャパンがラインナップしていない極上のシフトフィールの6MTが入ります。わかりやすく言えばTTの1.8Tクワトロのコンポーネントを持つハッチバックなのですが、迫力あるボディと、Sシリーズの特徴たる鮮やかな黄色は印象的で、わかってるドライバーならバックミラーで視認するとたとえ愛車がポルシェでも警戒感を抱くという恐ろしい車です。大変台数が少なくて、アウディジャパンが日本語版のカタログを作らなかったほどです。(カタログありますが英語です)

 現行で言うならゴルフVのR32やA3の3.2クワトロSラインに相当する車ですが、ボディの美しさとプレミアム感においてはるかにそれらを凌ぎます。くあーえぬさんうらやましいヨ!

 TTなら中古たくさんあったんですが、えぬさん粘り勝ちって感じです。
 なんか私のビート出戻りから半年でぱたぱたと2人も買い替えたので面白かったですw。他の誰かも買い替えないかな。

|

« タダ映画モード | トップページ | 省みる時・モード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95939/10071176

この記事へのトラックバック一覧です: お車購入おめでとうモード:

« タダ映画モード | トップページ | 省みる時・モード »