« 双方の気持ちがわかるだけに・モード | トップページ | 顛末、モード »

2006年5月22日 (月)

かまってさんvsかまってねこモード

 おととい、SEGAlinkで偶然ひらべさんと同時にオンしてて、ちょこっとミニメでお話とかしてたのですが、ひらべさんが不意に「セブンポーカーやってみません?」と。
「やったことないけど教えてもらえます?」と言ったら「私もわからないから大丈夫」とw

 ちょこっとActiveX転んで苦労しましたが、なんとか立ち上げることができて、ゲーム開始。ルールはこんな感じ。

・最初配られるカードは3枚、うち1枚を選択しオープンする
・ベットないしライズ(掛け金増し)、パスでもう1枚が来る。6枚目まではオープン状態で配られる。
・ベットなどをせずに下りることもできる。その場合負け金を払うことになるが、相手の役が高い場合は防御策になる
・7枚目は裏返しで配られ、自分でめくる。最初にオープンしなかった2枚と最後の1枚は相手には見えない(ブラインド状態)。その状態で最後の賭けを行う。
・7枚中5枚から最もいい構成で役が構築されるため、オープンされている4枚と、ブラインドになっている3枚の内容を推理しながら賭けを行うことになる。(ここで、ハッタリをかけて相手に下りてもらうのを狙うもよし、本気で勝ちに行くもよし。オープンになっているカードで既にまずそうなら下りてしまうのがいいのだけど、3カードまでならあえてハッタリでどんどん掛け金を上げてみることもできる(自分が3カード以上である可能性も相手から見ればあるため)。ようは騙しあいが生じる(笑)。
・最終的な賭けが終わった時点で結果が出て勝敗が決まる。役が大きいほど高得点。

 さて、ハッタリを駆使してみよーと思ってみたぬまにゃんでしたが。
 正攻法のひらべさんにストレートを連発され大敗orz
 しかも唯一キター!と思ったフルハウスの時下りられちゃったという寂しい結果。
 最終的にはぼっこぼこでしたw。

 でもあの駆け引きの感じはとても面白かったなぁ。あと、本人曰くの通り、ひらべさんは負けん気が強いって部分の片鱗が見れたので楽しかったです(笑)。私がボロ負けだったので安心してその後ひらべさんはおやすみなさいだったわけですが…勝ってたらどーなっただろ(^^;。

 とりあえず楽しかったので、気が向いたらまたいつでも誘ってほしいです。

|

« 双方の気持ちがわかるだけに・モード | トップページ | 顛末、モード »

コメント

負けっぱなしだったら、徹夜してたかもしれません。(笑)
ババ抜きも人が集まったらおもしろいんですけどねー。廃れっぷりがひどくて。

投稿: ひらべ | 2006年5月22日 (月) 23時41分

今度バックギャモンをやりましょう!
私も覚えたてでCPUとしかやったことないんですが、「西洋すごろく」と言うだけあってサイの目重要なものの、邪魔する要素が多いので頭使うので楽しいです。これは二人用。

トランプゲームは人数いたほうがいいですね。
さのじさんも同じ時間に巡回してるみたいだから、次は見かけたら誘っちゃおうかな。

にしても廃れっぷりがー、ですねー。
先日解決したストーカー事件のおかげで、アクティブからも相当数、ゲームやチャットのみのユーザーの大多数が退会しちゃいました。SEGAlink対応遅すぎです;(あ、この事件も知らないなら知らなくていいです(^^; やなことは知らないにこしたことないですから)

投稿: ぬまにゃん | 2006年5月23日 (火) 02時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95939/10181717

この記事へのトラックバック一覧です: かまってさんvsかまってねこモード:

« 双方の気持ちがわかるだけに・モード | トップページ | 顛末、モード »