« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月に作成された記事

2006年5月31日 (水)

コミケの当落通知が届かない;モード

 こんなに遅れたことなかったですが;27日発送の筈なのに今日(31日)も届きませんでした。当選は確認できてるんですが、郵送事故かな;

 ちょっと早いけど不着届の準備しておこう;

 なんか精神的に疲れるなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

経年劣化対策は大変モード

 前のビートの頃から面倒をみて頂いてる「盛岡市の」WALKさん(合併で玉山村じゃなくなったのであった)に、最近めっきり調子が悪くなってきてたトゥデイの車検をお願いしたのですが、サビサビのマフラーを新品にしたりフロントブレーキ(ディスク)のメンテナンスしたり、エンジンの始動性ものすごく悪くなってたのでそのへん関係直してもらったりしたら、軽の車検で11万超えちゃいました。店長さんが代車引取りに来て下さった時、ビートの気になるとこ見てもらうがてらちょっと二人でドライブしたんですが、「結構かかっちゃって申し訳なかったねー」と言われてしまうほどで。流石に93年の車ともなると維持費もそれなりにかかってきますね、と。

 正直なところ、WALKの長山店長さんも私も、母には今回の車検は通さず代替の車を探すことを勧めていました。私のように趣味で車種にこだわっているならともかく、MTである以外特に要求する要素がなかったので、これからなし崩し的にかかる維持費を考えたら買い替えがいいと言ったのですが、結局車検になりました。

 長山さん曰く、次の車検でタイベル交換をやれば次の次までは多分持つそうですが、維持費とローンを比べた場合どうかという問題はこの先さらに考えないといけないという話でした。

 で、来月私のビートも車検ですが、メンテしてあるとはいえ年式がトゥデイと同じなので、ちょっと怖いところです(^^;。まあ、ステンマフラーなんで錆びませんけども。ビートを持ち続けるのも結構苦労するだろうなーと今から頭が痛いのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

灯台の元は暗いものと決まっているモード

 過日よりなかたさんとあれを輸入しようこれを輸入しようヒヒヒと密談を毎晩の如く交わし、すっかり物欲の権化になっている我々でありますが、相変わらずMaxpeditionのアイテムが欲しくて欲しくてたまらない状態になっております。

 でもって、凄く欲しいけど扱い店舗が少ないのでペンディングしていたアイテムに「Mini Rollypoly」のメッシュタイプがあったのですが、なかたさんが「折角だから納期遅らせて取り寄せてみようか」と提案して下さったので、後先考えず(笑)二つ返事でお願いしました。
 みにろりぽりは、ワタクシ及びなかたさん大絶賛のなるげん・れきさん32ozボトルを収納するのが主用途の巻き取りポーチです。現状セージグリーンが1本ありますが、なかたさんが買い増ししたのを見て、折角ポーチも手に入るかもだし私も買い増ししよう!と思ったわけです。今使ってる1本についてるEasySipperという中蓋は日本では売られていないので、とりあえず日本向けの中蓋であるオーバーフローガードも一緒に買うことにして…と決めて、Amazonだの楽天だの見たわけですが、Amazonは他と頼めば送料ただだけど在庫なし、楽天は安いお店あるけど送料がかかる、うーんどうしたもんかと思っておりました。

 で、ふと。「あれ?石井スポーツとかスポーツオーソリティなら売ってるんじゃないの?」と。だもんで先程、母のトゥデイの車検の代車で来てたオプティを転がして、久々にイオンモールのスポーツオーソリティに行ってきました。大塚の粉ドリンク用のプラボトルとか前面に出してたんで「あちゃぁ、ないかなー」と思ったら、ありました。オーバーフローガードも。定価だったけど。セージグリーンとルビーとサファイヤがあったので、サファイヤを購入。ちょうどイオンの商品券があったので、ついでに新しいリストウェイトも買って(スチールバー+メッシュタイプの。アンクルウェイトとおそろい。0.5kg×2)帰ってきました。
 最初の1本が輸入だったし、ネットショップでしか見てなかったから気にしなかったんですが、案外地元にもあるものですねー。びっくりでした。気が向いたらルビーも買おう。

 もしかしてわざわざ通販で買って送料分損してるものが他にもあったりしないだろうかと若干怖く(^^;。スチールバータイプのウェイトなんてネットショップだと殆ど見ないし、あっても高いヨ。

※今回の教訓:まず地元探せw。
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

夏コミ受かりました!モード

 28日早朝にSEGAlinkのコミケ仲間の流崎さんから「ぬまにゃんさんどうでした?」と書き込みを頂いて、ああそういえば検索システム今日からだっけ、と思って調べたら…

 赤い車の会、コミックマーケット70、受かりました~!
 土曜日(二日目) 西地区 “ゆ”ブロック 45a です。

 とりあえずSEGAlinkのコミケ仲間は3人とも受かっててひと安心でした。
 他はどうかな、えぬさんとかドク六角とか、みなさん。受かってるといいな。
 Fox-Clubさん(鈴木音速堂さん)やratspeedさんも楽しみ。今回は帽子買うぞ!(笑)>かさP先生のとこ←前回皆が被ってたの見て凄く羨ましかったらしい
 他、ビート関連サークルの皆さん、おてやわらかに(笑)。

 久々の西館です、2日目はジャンル的に確かメカミリとシナジーがあまりないジャンルが集まる日だった気がしますが、(東への用事は流崎さんへの挨拶だけになりそう、前回は来て下さったので、今度はこちらから)企業の下ですので、お買い物のついでにでもペットボトル飲料(1Lサイズ)1本買うつもりで200円持ってお立ち寄り頂ければ幸いです。
 今回も電子出版じゃないと絶対できないボリュームで頑張っちゃいますよー。

(電子出版についてのポリシーは、近々きちんと順序立てて説明して、ご理解とご協力を仰ぐつもりです。PCをお持ちでない皆さん、紙の同人誌愛好家の皆さん、ごめんなさい)

 というわけで以下業務連絡ですが、また皆さんの力をお貸し頂ければと思います。
 フィクションビークルの類や、車輪系乗り物関連製品(たとえばおもちゃ・模型)も含めてOKという判断ですので、思いつきを今からちょこちょこと書き溜めておいて頂けると嬉しいです。フィニッシュ前の1週間、北海道行ってこないとならないので、今回は早めに入稿頂けると助かります。相変わらず動画素材・静止画素材も歓迎です。
 車を買い換えられたお二方、レポート期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

400文字でわかる精神分析(ぉモード

 またもお目汚しですが;
「平日の1日2時間程度しかアクセスできない」と公言していたカールグスタフ氏が、何故か先日の事件の保身のためにとある方とミニメで今日(ええ、休日ですね:P)やり取りをしていたそうで、内容の確認のためにその方からミニメが来ていました。

 曰く、「専門の心理学者なので400文字程度で精神状態がわかる」だそうで。
 凄いなぁ徳島臨床心理学科の教授さん。いつの間にか心理学者とごっちゃになってるあたりも凄いけど、なんたって「徳島県の大学に『臨床心理学科』なんて存在しない」とこが一番凄いです。ハイ。(調べました。案外簡単でした:P 臨床心理学科が存在する大学は全国に5つ、3つは関東、1つは東海、1つは近畿です)
 とまぁ、嘘の塗り固めをしたあとで、今度はさらなる嘘。

 カールグスタフ氏から和解案を提示したら拒否られた、との話。
 はぁ?
 和解案提示ということは会話の意図ありってことで、当然カールグスタフ氏側が拒否かけるよりも前に出る話ですよね?私はこのミニメに即応でミニメ出したけど拒否られてて、拒否リスト加える操作ってそんなに素早く行えないですから、あちらはミニメ出してから拒否したのでなく拒否した状態で拒否したとミニメで通知した(拒否リストに加える時ミニメが出せるようになっている←ひでえシステムw>SEGAlink)と思われますが、件のミニメより前に和解案なんて何一つないですし(ミニメのログ・リストはいつでも出せる状態になってます、無関係な人の名前と会話はマスクしますが)自分が拒否かけて和解案って、それは「反論を許さず一方的に自分の案件を押し付ける」手段であって、成立するわけないと思わなかったんでしょうか。
 当然、あちらが拒否リストに入れたと気づいてから、SEGAlinkのいつもの勧告に従い、こちらも拒否リストには入れたわけですが。

 で、件のミニメをご覧になった方なら矛盾に気づきますよね。
「(妄言でなかったと仮定して)接触回避を指示されて拒否した人間と和解を試みる」
 そもそも和解ってなんですか?自分の病気に悪いから拒否かけたんですよね?
 和解とは争いをやめること。件のミニメの理屈が全て真実であれば、この件は「争い」たり得ないわけで。実際、私も(拒否されている以上)データの提示と周囲への警鐘しか行っておらず、争いなんておきてはいないわけで。

 しかし相手には「和解」すべき案件があると。
 実に不思議な話です。私はSEGAlinkにおいては
「カールグスタフ氏に注意。詳細以下」
 として、ここの関連固定リンクを2つ出しただけ。
 1つ目の関連書き込みにあるとおり、もしここに目を通して用件があるのなら、ここにコメントを残す、ないしメールを寄こせばいいというスタンスを守っています。しかし、こちらにはそれらしい言葉はなく(あちらに個人のページがあっても私は知らないし、多分存在しないため、あちらの拒否に端を発して相互に拒否状態になっている以上、対話の手段があるとしてここ、ないしメールになる筈ですが。私は隠していないわけですし)、何故かカールグスタフ氏が保身を行いたい人物にのみ、「和解案の提示」などというありもしない事実が伝えられている。

 なんなんですかこれ;

 渦中の方が客観性を保持したいという気持ちを尊重し、私は「あくまで判断はご自分で」のスタンスを崩していませんが、少し参ってきました。こうまで明白な嘘を並べられても判断根拠になっていないところをみると、私はあまり信用に値しない人物であると客観的に判断せざるを得ません。

 正直、とても辛いです。大切に思っている方の件なだけに。こういう事を書くのも、気が咎めるのですが…。(読まれたらあまりいい気分ではないでしょう。ごめんなさい。信じてはいるつもりですが、精神的にリミットがあるのは私も同じです)

 カールグスタフ氏の事で完結していたうちはどうということは無かったですが、今日の夕方は流石に…でした。私にできることはしたつもりですが、これ以上できることがないです。どこかから真偽問わず判断材料が次々示されることがあったとしても(ミニメという基本的に非公開な媒体を使われる以上)私にはそれを覆す真実をさらす術すらもうありません。

 こんなこともうやめたいんですが。何より渦中の方の心にこれ以上影を落としたくない。真実を伝えることすらエゴだと言うなら、私の意見は無視でも構いません。
 ただし、これ以上被害者を増やさないために、私はスタンスを変えない。それだけです。

 自分に都合のいい奴がたった一人湧くだけでこれだ。ネット向いてないのかな;
 以上です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

ここ数日の新しい習慣モード

 私が滅多に他所様のフィクション小説を読まない人なのは、古くから知る人ならご存知の事かと思いますが、最近ちょっと資料として読んでいるものがあります。江戸川乱歩の小説。児童書なので読みやすく、ハードカバーで厚みがあるわりに2時間半もあれば読めてしまうので(加えて、字がでかいので目が疲れないw)、飽きずに続けられています。

 江戸川先生の小説は元来子供向けで、内容としても非常にシンプルなものです。私が他の人の小説に目を通さないのは、お気に入りが生まれた時にその影響を受けないためですが、なんというかさすが日本のミステリーではもはや古典だけあって、文体等きわめてベーシックな内容なので、安心して読めます。トリックも今では通用しないものが多いわけですが、それでは資料にならんじゃないかというと、そうでもないです。そのきわめてベーシックな内容が、描写の時系列の構築など、基礎を学ぶのにちょうど良かったから。

 私は思いつきで一気に書くタイプで、かつ「この視点で書いちゃっていいもんかなぁ」と日々自分の文脈に疑念を抱きながら書いてるわけですが、ああなるほど、これでよかったんだと再確認することができました。(同時に、日本の最近の小説の、豊富に枝分かれした大樹の、根に近い幹のあたりにあるものだなぁと感じます>乱歩作品)

 意外と端折りとかアリなんだなぁとか思いつつ(それが現代の読者に通用するかは別として)いろいろ参考になって興味深いです。ノベルというより手本書き感覚で。
 乱歩作品は非常に簡素で、設定で虚飾して本筋の薄さをぼかすタイプの最近の小説(中でもライトノベル)の対極にある感じです。見せ場だけをびしっびしっと押さえていくので、短文でも面白いんですな。勿論最近のライトノベルにも優れたものはありますが、いらない設定で引きこんで実の所その分野の描写は薄い小説なんかと比べると、逆に目からウロコです。簡素すぎるのも今の時代には合わない気がしますが、設定の量が文章の量にきれいに収まるのが前提なんだなぁと、これまた非常に勉強に。少年探偵団は小林少年を含め11人なわけですが、全員の名前をいちいち詳細に説明なんかしていませんし(笑)。(出番があったとき初めて、その少年の名前と形(なり)がごく簡単に説明される程度)
 こういう人物の出し方も参考になりました。最近の「世界観の冗長な説明に飽きて完読できないノベル」の、どうにも言葉にまとめにくい違和感の理由がわかった気が。

 そんなわけでなんとなく研究がてら、レトロとモダンの間を行く作品群を楽しませてもらっています。図書館通いも気分転換にはよく、乱歩作品以外におまけで借りる1冊を選ぶのがちょっとした楽しみです。その1冊はノンフィクションないし図鑑の類で、単純に知識欲を満たすために覗いてみています。

 で、こういった研究からどのようなものを生み出そうとしているかはまだナイショなわけですが、とりあえず完成しても何かしら賞の類には応募しません。出来上がりの折には近しい友人に評価をお願いするかも。その折はよろしくです。ってゆうかたまに「まだかッ!」と尻を布団叩きでひっぱたく発言をして頂けるとw。(そこの六角先生、まだ早いw>ひっぱたく準備)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

薬の眠気と戦う雑記wモード

 私が常用している薬には抗神経薬とか筋弛緩剤とかあるわけですが、どれもこれも眠くなるものばかりです。(特に筋弛緩剤であるテルネリンの効果が強いです。血圧を下げる作用があるのですが、抗鬱剤であるデプロメールと組み合わせた場合、心臓が「やばい、ボク止まっちゃうかも、止まっちゃったらゴメンね」ってな悲鳴を上げるほど動きが悪くなります)で、薬は主に朝夕の食後に飲んでいるわけですが、服用後30分後あたりから猛烈な睡魔が。意識を保つのが困難なので(無理すると冷や汗が止まらないし、いつの間にか船こいでたりするし。首痛くなる;キーボードに顔突っ込みそうになるし)普段は無理しないで仮眠してます。予定がある時は薬は減らすか抜き。実は今も食後で、耳があまり聞こえてません(笑)。うつらうつらも時間の問題かと。

 話変わって、今ダイエットをしなきゃしなきゃと思いつつ、やっと65kgまで来たなぁと思ったらうっかり脂モノ食べちゃって次の日ガーンとか繰り返してるわけですが、ダイエットに最も効果的なのは「歩くこと」だと言われています。基礎代謝が高まるせいだと言われていますが、実感することがあります。実は上記の薬のことに関係があります。

 上京中も欠かさず薬を飲んでいますが、こちらに居る時ほど眠くなりません。理由は、電車で移動が基本だけどその間はずっと歩いてるからだと思われます。代謝が早いと薬が回るのも抜けるのも早くなる。(ただし、抜けるのが早いということは…)←たぶんこれ、東京でやたら脚が攣る持病に関係してると思います。

 というわけで徒歩と代謝の関係は身を持って立証できているわけですが、ダイエット手段に徒歩を選ぶという選択肢はいまひとつ私は実行する気になれません。退屈だから。そんなこと言ってるといつまでも痩せない気もしますが、ホンネだしー;

 ふと、「ああ、近場にDDR置いてあるゲーセンあればなぁ」と思いました。3rdMIXあたりでいいから、5曲50円とかで。1日10曲こなせば十分な運動だと思います。家庭用だと遠慮した動きしかできないのでアーケードで(笑)。盛岡市上堂・みたけ・青山地区のアミューズメントスポットの担当さん、倉庫に眠ってるDDRあったら設置願います。平日なら暇の許す限り踏みに行きますのでw。
(コナミのスポーツクラブだとDDRあった気がしますが、流石に入会するほどお金ないし(^^;)思えばDDRやり込んでた時が生涯で一番元気だった気が(^^;。高校の頃一応運動部(バドミントン)でしたが、部活大好きだったけど選手ではなかったし。

 あ、微妙に眠気飛んだ(笑)。

 話はぐいっと曲がって、TVを見ていて思った話。
 アメリカンホームダイレクトの保険の数の多さになんというか呆れるわけですが(^^;、ふと思いついたものが。
『ア○リカン○ームダ○レクトの「これまでか」!本人契約に限定、契約から1年以内に契約者が自殺で亡くなられた場合、契約者が指定する方に1億円をお支払い!ただし、自然死・病死・事故死・被災死・他殺の場合は対象外です。月々の掛け金は800万円!一度契約した場合、契約期限後も解約はできません!覚悟の決まったアナタに!』
 やりそうだし契約する人もいそうで怖い;

 えーっとまんが日本むかし話の再放送で、鉢かつぎ姫に萌えてしまった件について。
 ついでにリリカルなのはさんは魔法少女じゃなくて普通に戦闘少女だと思う件について(笑)。魔法陣出れば魔法ってわけではない気が。PSOのやりすぎかなぁ。しかしレイジングハートもバルディッシュも超かっちょいいですな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

欲しいガジェット(思いつき)モード

 昨日の日記に関連することなのですが、GARMIN社のハンディGPSが出力するデータフォーマットは、一応PC分野のGPS測位機能のデータのスタンダードとして認知されており、(標準ケーブルがいまだにRS-232CなのでUSB変換ケーブルなんていう既にレガシーな物体を用意しないといけないという難点こそあれど)いろいろな地図アプリケーションで利用することができます。GARMINの地図記録モデルのためのデータを持つメジャーな地図ソフトもあるくらいで。

 でもって、デジカメの主たる記録フォーマットであるJPEGは、画像以外に撮影機種名や日付など、ある程度のテキストデータを持つことができます。(ある程度どころかごっそりテキストもその気になればできたような…)そして昨今のデジカメは、データの転送用にmini-B端子などのUSB端子を持っています。

 ならば、とふと思ったのですが、GARMIN用のケーブルを繋げば撮影時の位置情報を画像にログとして残せる(あるいは画像中に差し込むことができる)デジカメが出てくれればなぁ、とか思いました。USB経由のデータ処理であればごく簡単なことな筈なので、GPSモジュールをカメラに直接内蔵するよりもずっと設計的にも楽でしょう。GPS自体が思いのほか電池を食うので、その消費を避けることもできますし、何よりソフトウェア程度で済む改良+ケーブルの準備だけでコトが済んでしまうので、コストアップという程の価格上昇もなく導入できそうです。機能がいらない人でも納得程度で済むでしょう。(プリンタ側にメモリカードスロットがある今、Exifプリント機能よりローコストで有意義かもしれません)

 電子すかし的に暗号化を行う仕組みをGARMINと共同開発すれば、あらゆる状況証拠の記録に役立ちそうですし、ベタに経度緯度を記録してくれるだけでも、旅の記念にはとてもいい気がします。いろんな事に役立ちそう。

 難しくないどころか、ケーブルさえ準備できれば既存カメラからファームアップデート程度でもう入れられる機能な気がします。どこかやらないかなあぁ。

 GARMINのハンディGPSには入力した経度緯度に対し、誤差を割り出して方向と距離を示す機能もついていますから、「この写真を撮った場所に行きたい!」と思えば頑張れば行ける、なんて楽しみも。無論、工事現場の皆さんにとっても役に立つことでしょう。自然観察がお仕事の皆さんにも。

 キヤノンあたりやってくれませんかねー。>GARMIN連動

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

只今旅の準備中(葛藤含む)モード

 SEGAlinkでも過去に話題にしたことですが、書類の提出が済めば本決まりになる段まで来たのでご報告。7月の下旬にここに行ってきます。

 根室に2日滞在の後船中泊で2泊3日、みたいな日程だそうです。上陸して宿泊のプランもあったんですが、その時期コミケなので(^^;、あえてこちらにしてもらいました。(そのうちそちらにも参加してみようとは思っています、現在の在住者の皆さんのお話をいろいろ伺いたいし)

 で、領有権を主張しているものの現在は扱いとして海外なので(パスポートいらないけど)、携帯電話などのインフラは上陸中途絶します。まあそれはいいのですが、電源の供給手段がないので、充電モノデバイスの充電をどうしようかで頭を悩ませていたりとか。

 とりあえずデジカメはうちはAA×4なので問題なしですが(4日分くらい充電いらないだけのNi-MH電池はある)、他の暇潰し道具をどうしようかなと(笑)。いっそパワーバンクスリム買い足してしまおうかとか思ったりもするのですが、安い買い物じゃないしなぁ(/_;)。
 あと、ただ写真に残しても、というのがありまして、こりゃいっそハンディGPSか!?と思ったりもしてるのです。当然AAAとかで動かないといけない(充電型パス)なので、このあたりかなぁと思ってます。マップ入るタイプはいりません。だってかの地の地図、提供されてないもの(笑)。引き揚げる直前のデータと、衛星写真だけが現在手に入る情報ですから。他、主装備品については現在なかたさんのバックアップで米国から取り寄せ中です。あとは釣具か…リール新調しないといけないし、お金かかるなぁ…orz。

 SEGAlink側をお読みになっていない方のために簡単に説明すると、私はかの地からの引揚者の直系の血縁なので、墓参等でかの地を訪れる権利を有しています。日本側での旅費・滞在費、そして渡航費、全て国の負担で訪れるチャンスが年に数回あります。(抽選ですが…)今回は父と二人旅です。
 先日父方の祖母が亡くなり、それを機に、かの地においてあった事を祖母の生前書き留めておいたメモを、他の引揚者の方と共同でデータの裏取りをして小冊子にまとめるという作業を父が行いました。半ば封印されていた情報(父は自分の過去については語らない人だったので)が一気に公開され、かの地についての興味が自分の中で湧き上がりました。冊子は歴史を知る上で重要なデータですが、やはり現地に赴かないと出てこない記憶もあるし、現状がどうなっているのかがこれから先について重要、という観点もあって、親族の中で比較的若い私が(自分自身の希望もあり)行く事になりました。恐らくですが、こういったことの継続役はうちの親族では私が行うことになると思います。

 行く前である現在の心境では、かの地を日本に戻す必要は感じていなくて、そのかわりかの島々は知床同様世界遺産にすべきではないか、という感じなのですが。行ってみてどのように変わるか自分でも楽しみなところです。(1度で結論を出せるとは思っていませんし、今回はロシアの方とはあまりコンタクトを取る機会が無さそうなので、自分なりに何かがまとまるのは数年先の事だとは思いますが)

 ちなみに戻ったら戻ったで、遠縁の親族にメリットがあります。島の広域の領主だった家系の末裔が苗字同じで、今その方は一人ですが、ごっそり土地を手に入れることになります。跡継ぎがいないのですが。父方の祖父は、現在の宮古市南部にあたる旧津軽石村の村長の長男に養子縁組で入った人でして、その長男さんがかの地の地主だったわけです。そして、その方の後妻の子で兄弟では末にあたる方が、今かの地の利権を本来持っている筈の人物である、と。ようは私の祖父の兄弟なのですが、本来宮古地区のうちの苗字の土地の正当な後継者は祖父で、祖父は祖母の強い意向で岩手に出向かない決意を固めていたため資産相続の一切を放棄したのですが、その場合本来ならその土地も、その祖父の末の兄弟の方のものな筈だったところ、いろいろ何かあったらしくて。いやはや。利権がらみの話は複雑で、できれば一生無縁でいたいもんです;

 とまぁ、いろいろ横道ですが、着々と準備は進めております。
 ちなみに、生まれてはじめて飛行機に乗るので楽しみです(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

ものの1年ほどで日本の景色を変えちゃった車モード

 最近、幹線道とか走ってると、主に後姿、そしてカラーリングのセンスで、「おっ、新しい欧州車かな、最近増えたよなぁ」と思って見ると、実は日本車だったうわぁびっくり、という車があります。

 新型スイフトなわけですが。いやぁ、あれは出たときのインパクトも相当だったけど、見慣れれば見慣れるほど日本車に見えなくなってきましたヨ。面白いですよねー。
 非常に優れた面取りをやっていると思うし。アズールグレーパールメタリックの車体が特にそのオーラを持ってますが、最近のフランス車的な力感があるんですよねー。ぱっと見、ルノーが好きそう…というか、ルーテシアIIIがぶっちゃけ似てる(笑)んですが、よく先手を打ったもんだと思います。

 こういうセンスはマツダが率先してやってきてたように思うんですが、なかなかどうして。続くエスクードもデザインは素晴らしいし(未試乗)、スズキは「白ナンバーは」デザイン頑張ってますね。(ちょっと本業たる軽が停滞気味なのは残念、でもラパンの新グリルはとってもいいと思います。LCのフィードバックなのかな、コンセプト的には)軽との温度差の理由は「輸出の想定」だと思うのですが、そろそろスズキも久々に海外出せる軽やってくれませんかねー。

 で、東京あたりではもう外車の方が多いかも、とか思う状況ですが、地方都市だとまだまだです。(このへんだと盛岡あたりはかなり外車多いですが、秋田青森行くと激減します)ちょっと大袈裟かもしれませんが、そんな「首都圏外」の道路の風景を変えたなぁと思います、スイフトは。評価芳しくないですがコルトも、実は張り出しの感じがドイツっぽいんですよね。派生であるメルセデスAやスマートforFourよりも、後ろの主張が強い気がします。

 ほんの10年前まで、日本と欧州のデザインセンスには一部(あっちでデザインされたもの)を除き決定的な差があったように思います。日本は日本車ばっかだ~、って。TVで報道見た時、車の国籍の偏りが見た目凄かったなぁって。でも今は、輸入車の絶対数が増えただけでなく、自動車のセンスが造型面でも配色面でも、欧州のそれに近づいたのを強く感じます。メルセデスやBMW見ても、びっくりしなくなったでしょ。彼らの車が周囲から浮き上がって見えた、あの「存在感」が没した。決してドイツデザインがおとなしくなったんじゃないです。日本車がよくなってきたんだと思います。E46の3シリーズとか、メルセデスのC以下とか、えっ?って思うほど地味になっちゃったもんなぁ。セダン系で存在感示せてるのはイタリア(アルファロメオ)・イギリス(ジャガー)あたりかも。ドイツのは重厚だけど、そこで止まってるのが案外多いから。で、面白さでいくとVWアウディやオペルだったのに、オペルがいなくなっちゃったもんなぁ…寂しい。

 ちょっと横道でした。てなわけで、車のデザインが育つと周辺の景色の見え方も変わります。特に街並みは、車と建物で相互に彩られる場所だと思います。昭和の景色が失われつつある中、平成の景色に生えるのは「それなりのデザインを持った車」じゃないかなぁと思います。

 スイフト買っちゃえ!と言っているわけではないのですが(笑)、単純に車のデザインを見るだけじゃなくて、「この車を自宅ガレージや、あるいはお気に入りのあの場所に置いたら、どんなに素敵だろう」というところまで考えて車を選ぶのも面白いんじゃないかと思います。車に無頓着なうちの母でさえ、アルファ147の後期型を見て「凄いかっこいい」と褒めてましたからねー。美しい立体物への憧れってやっぱり、車に興味ない人にもどこかに眠ってる気がします。庭先をきれいにガーデニングしても、横にあるのが白のカローラじゃねー(^^;。そんなわけで、折角センスが向上した時代なのだから、持ち物、洋服、住環境なんかもトータルに考えてシナジーを狙うのは、ハイセンスでいい趣味だと思います。

 日本はもっとおしゃれな国になると思うなー。まずはテンプレ服飾文化が崩れてくれればいいんだけども(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

顛末、モード

 先日のお目汚し(^^;の件ですが。
 SEGAlinkが外部から尻を蹴られないと動かないのは相変わらずで、とりあえず回答は(そのまま転載は禁止されているので要約ですが)「迷惑を被ったと感じた時は、拒否リストを活用して下さい。その際、フレンドリストに掲載されていない事が拒否の条件となります。刺激することで被害が拡散することを防ぐため、接触を試みず行って下さい」てな感じでした。とりあえずいつも通り。奴の件で困っちゃった皆さんの自衛策はこれです。

 で、中傷受けた上拒否られた私の場合については「残念ながらSEGAlinkでは立ち入れない問題に発展しているので、警視庁サイバーテロ課へのご相談を勧めます」と、状況把握があった上でこれまたいつも通り。まあこれは仕方ないです、法的実行力を行使するには、訴訟を起こしてプロバイダ責任法を発動させる必要がある。(ユーザー間訴訟になった場合は、弁護士を通じて管理団体に情報開示請求を行うことが可能。管理団体には情報の開示義務があります)それから割り出せるのは本人のデータなので、当該研究医とその部下とやらのデータは本人から聞き出さないといけない。弁護士を含めた代理人経由で調査にあたるとしても、本人が協力するとは到底思えないので、結局本人の行った名誉毀損として慰謝料を請求するのが限界。(その段になっても多分当該研究医は出てきません、推測ですが存在しない人物なので。後述)私の目的は「もし本当にそういう教授が学会に在籍しているのなら大問題なので、事実関係を明らかにした上でその教授及び所属機関に「も」訴訟を起こさないといけない、というかむしろ本人の件よりそちらが優先だったりしますから、現状では金かける価値がない。
 ので、スルーすることにしました。クローズドコミュニティでたまにある事ですが、災害に遭ったと思って諦めます。

「教授」が存在しない人物たる根拠。
1・私とカールグスタフ氏がミニメでやり取りをして、反論ができなかった氏が次にミニメで例の拒否通告をしてくるまで2日しかなかった事。氏がデータを収集する時間すらないところ、行動解析や臨床分析の根拠になり得るデータを取る時間にさえ及ばないため。
2・仮に氏が以前から私の情報をストーキングしており、その詳細なデータを得ていたとしても、それを管理し、まとめる能力が彼に存在するとは思えないこと。また、この場合でも、私の件でわざわざ研究機関に相談する理由は問題のやり取りがあった18日以前には存在せず、データを渡されたとしてそれらを研究機関が「ただの知り合い」である1個人のために貴重な時間を割いて分析するのはありえないため。
3・氏にとって都合の悪い人間の行動パターンを逐一記録していたら、SEGAlink内だけでも氏の処理キャパシティを超えてしまう量になるため。私だけではないみたいだし。
4・そもそも、内容が「臨床におけるストレス系疾患に対する応対のテンプレートそのまんまだった」ため。(はいはい、相手がばかだね、近づかない方がいいね、という最も簡単なパターン。聞き流し問診です)これから推測されるに、知り合いの教授とやらはかかりつけの医師、院生は存在しないかインターンでしょう。ようは「たまたま通院だったので都合いいように喋ったら、ストレス除去処理の反応をされた、それを(統合失調の初期症状である誇大妄想で)拡大解釈して掲載したのがあのミニメ、と考えれば辻褄が完全に合ってしまう。

 というわけで、ストーキングをしていないとして2日という時間軸では彼の発言に含まれる事項は実現できないという点、ストーキングをしていたとしてごく限られた1側面から臨床医の教授クラスがそこまで突っ込んだ干渉を「こちらに」することにメリットが全くない点(上記の通り、テンプレートにしてしまう臨床医が一般的。だいたい、本当に調査をしたらそれは職権乱用になり、その人の立場が危ない)、さらに、方々で繰り返された彼の虚言妄言の数々と、都合が悪くなった時ストレスという言葉と医師という後ろ盾に逃げる傾向が、統合失調症の初期症状で見られる症例に合致している点。以上から、
「彼は逃げを打つために都合のいい嘘をついた」と判断するのが妥当と思われます。

 このレベルの人の扱いは難しく、入院が好ましい場合と悪化する場合があるそうです。しかし、恐らくは特定人物とのコンタクトに限らず、ネットは禁止されていると推測するのですが。(彼自身にダメージが及ぶ可能性と同時に、彼が迷惑を撒き散らす可能性が医師にも認識できている筈なので)

 以上あくまで私感と、長く精神科に通院しいろんな症例を見た上での推論ですが、信じる信じないはご自由に、です。あぁ、ちなみに私は統合失調ではありません。障害者申請時など、過去に幾度も診断書提出義務がありましたが、内容に鬱が載ったことはあれど、それ以外の精神疾患は実はありません。鬱以外は神経疾患。ですので、一応ニュートラルな状態で行われた思考であることを補記しておきます。

 というわけで、私からはカールグスタフ氏の拒否リスト入れ(と、フレンドであればフレンド解除)をお勧めしておきます。干渉することが相互に最も毒なので。彼のためでもあります。

 この件は以上です。なお、本人から発言にあった当該教授及び院生の連絡先を申告する旨(自分を正当化できる根拠があると示す意向)が示された場合、喜んでその報告は受けますので、メールでも頂ければと思います。いずれにしろ、状況を見るに「関わるべきでない人物」から氏が外れることはないわけですが。問題事は内部解決という判断のもとSEGAlinkに判断を仰いだ結果もあれでしたしね。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

かまってさんvsかまってねこモード

 おととい、SEGAlinkで偶然ひらべさんと同時にオンしてて、ちょこっとミニメでお話とかしてたのですが、ひらべさんが不意に「セブンポーカーやってみません?」と。
「やったことないけど教えてもらえます?」と言ったら「私もわからないから大丈夫」とw

 ちょこっとActiveX転んで苦労しましたが、なんとか立ち上げることができて、ゲーム開始。ルールはこんな感じ。

・最初配られるカードは3枚、うち1枚を選択しオープンする
・ベットないしライズ(掛け金増し)、パスでもう1枚が来る。6枚目まではオープン状態で配られる。
・ベットなどをせずに下りることもできる。その場合負け金を払うことになるが、相手の役が高い場合は防御策になる
・7枚目は裏返しで配られ、自分でめくる。最初にオープンしなかった2枚と最後の1枚は相手には見えない(ブラインド状態)。その状態で最後の賭けを行う。
・7枚中5枚から最もいい構成で役が構築されるため、オープンされている4枚と、ブラインドになっている3枚の内容を推理しながら賭けを行うことになる。(ここで、ハッタリをかけて相手に下りてもらうのを狙うもよし、本気で勝ちに行くもよし。オープンになっているカードで既にまずそうなら下りてしまうのがいいのだけど、3カードまでならあえてハッタリでどんどん掛け金を上げてみることもできる(自分が3カード以上である可能性も相手から見ればあるため)。ようは騙しあいが生じる(笑)。
・最終的な賭けが終わった時点で結果が出て勝敗が決まる。役が大きいほど高得点。

 さて、ハッタリを駆使してみよーと思ってみたぬまにゃんでしたが。
 正攻法のひらべさんにストレートを連発され大敗orz
 しかも唯一キター!と思ったフルハウスの時下りられちゃったという寂しい結果。
 最終的にはぼっこぼこでしたw。

 でもあの駆け引きの感じはとても面白かったなぁ。あと、本人曰くの通り、ひらべさんは負けん気が強いって部分の片鱗が見れたので楽しかったです(笑)。私がボロ負けだったので安心してその後ひらべさんはおやすみなさいだったわけですが…勝ってたらどーなっただろ(^^;。

 とりあえず楽しかったので、気が向いたらまたいつでも誘ってほしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

双方の気持ちがわかるだけに・モード

 先日のE3がらみで、MSのムーア氏が「夏はゲームをしないだろう?ワールドカップもあるし」と日本市場軽視の発言をしたことで、ユーザー以外のひやかし連中だけでなく、360ユーザーの間でも温度差ができてしまいました。ある人はマーケティング展開の甘さに激怒し、またある人は「その報道の仕方が偏見を生んで、市場を閉塞させてるんだ」とマスコミに怒りを向けていました。

 私はどうだったかというと…両方です。確かに普段味方の筈のインプレスが何故かマイナスへマイナスへと論理展開する記事を記載していたのは事実だと思いますし(書き手はプログラマー上がりのAVマニアでソニー寄り、ユーザーでないの文章からバレバレ)、他の報道もメーカー含めて温度差があったと思います。ああまぁ、アンケートではE3で期待かかったのは圧倒的にWiiで、実はPS3が360を下回るという結果が日本で出ちゃったのを正直に報道してたとこもあったことはあったんですが。報道にひきずられる部分が妙にあったのは鼻につきました。
 しかし、MSのやる気の無さにもちょっと辟易してはいます。公式サイトで目当てのソフトを探そうとしても、発売日が決定していないものは探せないし。本体のマーケットプレイスでトレーラームービーや体験版が配信されたものでも、日本での発売が確定してないものもある始末。ゲームに対するライトユーザー層の日本とその他諸外国のきわめて大きな温度差が要因だと思いますが、360に限らず市場が死に体であることをMSはもう解ってしまっていて、日本をやるなら先に制圧できる国を、にもろにスイッチした感じを受けます。それもどうかなぁと。お客さんいるならきっちりやることやるのがMSの美点なのに。うなるほどある資金力でね。

 あぁでもどちらかというと偏向報道の方が酷いです。「日本でもあまりのシェアの低さにハードをPS3にスイッチしたという話を筆者の周囲でも少なからず聞く」とインプレスのライターは書いていましたが、私が聞いたとこではまるっきり逆です。前にも書いたとおり市場は既に「洋ゲー」なんていう「今時鎖国制度?ばか?」というエクスキューズを引っ張ってくる連中完全スルーで、日本のゲームメーカーもグローバルターゲットデザインに方向転換しちゃってますから、E3で氷河期現象を引き起こしたソニーと、自分でお気に入りを探せない日本人のマーケットは諦めて、はなから海外目指して360に注力するメーカーが増えたと聞きます。FFXIIIがマルチ展開なのは既報の通りですが、少なくともそのうち2つを360用に、現在PS3向けに予定されている2作も状況次第ではクロス(2機種同時)に、といと一応決定事項報道として見た気が…(英語力自信ないので、噂程度で)。で、メタルギアはPS3ですが、ZOEの続きを実はPS3にするか360にするか迷ってると小島氏が言ったのは公式発言として出てますし。で、メインマーケット海外なので、日本以外で360がシェア押さえた場合、同列の機能しか持たないPS3は国内シェアにかかるわけですが、反応がああでしたから。「出るべきものがどちらでも出る」と知れた瞬間に、ダムの決壊的状況が起こる可能性は常にあって、世辞を言う相手(ようは広告主)と売る客を間違えるのを恐れた出版業界が情報コントロールに出てる可能性がきわめて高いです、現状。事実、雑誌側のファミ通の悪名高いクロスレビューでは360は明らかに頭押さえつけられてますが(雑誌の売れ行きに響くから…高ポイントつけたゲームを買わせてそれの攻略で彼らは稼ぐわけで)、Webのファミ通ではむしろ360押せ押せで。部数ぜんぜん関係ないから。広告はクリック収入じゃないみたいなので。で、無料コンテンツなら野次馬でも見るわけで、実は360の記事でも行ける。これは本誌も切り替えできるようにとの布石と私は見てるんですが、総合誌だからできる立ち回りってやつですね。あんま気分良くはないけど>雑誌の方

 DSの最初が今ほど売れてなくて、むしろPSPが恐ろしく品薄だったのってたった1年前のことなのにマスコミはなかったことにしたがってて、あれ見るだけでも端的に風評と情報操作がどんなに怖いかわかるわけですが。PSP、負けてないんですけど。勝ってないけど。で、DSの今の好調も一時は全く予測できなかったというか、一度は「勝負あったね」と言われちゃってたわけで。たった1年のスパンでこれですから、先の予測なんてできません。消費者はひどく気まぐれなので。

 で、MSのやり方の手ぬるさを叩く人への賛同に戻るわけですが、実はE3中~後にかけて、台数の伸びは普通だったけど360への認識の改善が随分あったのが方々で聞かれます。(他機種ユーザーからも。)畳み掛けるチャンスなので、夏に外で遊んでる場合じゃないんですが(笑)。財布握ってる日本人の夏休みがどんなに短いかも知らないなんて、文化の不理解にも程がある!と怒られても仕方ない状況で。あれはムーア氏早めに謝らないといけないことだと思います。うちらはあんたらほど暇じゃないぞと。休みの少ない哀れな日本人を働き蟻と罵ったようなもんですからねぇ。極論すれば。

 てなわけで、客は騙されるな、MSはもっと頑張れ、って感じです。
 こんだけブロードバンド普及してるんだし、新しい娯楽を試す価値はあると思うんだけど。「据え置きはもういいや」は、ネットワーク非接続機しか使ったことない人の意見でしょう?新しいもの見てからでも遅くない。

 以下は余談。
 そうそう、E3でSCEが示したPS3のネットワークサービスモデル、オープンネットワークを使うことを除けばまんまXBOX勢のパクリ、という指摘が相次いだわけですが、たぶん無理です。あのMSがその手の基幹特許を押さえてない筈がないもの(笑)。同じことしたくてもできない筈です。で、しつこいようだけどPS3マンセーな例のインプレスの記者はPS3にVistaばりのブラウザが入ってることを評価してましたが…さて、いつPS3向けウイルスが蔓延するか楽しみなところであります。(だからやめてるのに>Liveのオープンネットワーク化 基本的に360はPCのサブセットなのでブラウザはPCに任せる、という思想も根底にあるわけですが)

 そういえばどこかの調査会社がPSPの無線LAN利用のネットワークサービス利用状況アンケートになんと3000円のネットキャッシュ全プレという報酬つけて調査してましたが、もう結果出てるはずです。恐らく接続状況は相当低いのではと。だって、携帯のサイトを携帯で見るのは流行ってますが、フルブラウザつき携帯って一時流行ったけど全搭載にならなかったでしょ。PC向けサイトはPCで見るものって認識が一般の人にもちゃんとあるってことです。見かけが崩れることを不安に思う人も多いわけで、そうなるとIEのエンジン使わないといけなくなる(笑)。Operaでもアクセスできないサイトは結構ある、というのは、W-ZERO3使ってる人ならよく知ってるかと(だからそういう時はやむなくIE立ち上げる)。ZERO3使うようなコアな層でさえそんな恒常的にネットサーフはしないのに、一般人がコンソールでやるわけないでしょうと。MSの担当氏が余裕ぶちかましで大笑いしたのにもうなづけます。Webが見れるTVだのなんだの数々あったのに、何一つ当たらなかった。WebはPCで見るもの。そろそろ気づくべき。だって、

 デザインする側もマウスオペしか考慮してないんだもの:P

 コンマ何秒単位の応答でそのサイトの印象が変わってしまう世界なのに、その操作がマウスより遅れる、ないし使いづらいなら、誰も手をつけませんて。わかってないなぁと。

 てなわけで内紛を憂いつつ、PS3はもう忘れろとも思いつつ、Wiiのゼルダを早く見てみたい今日この頃です(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

5/20の更新モード

 今回から、トップページ(ねこてーじ)の更新情報をこちらのカテゴリでやっちゃおうという試みをしてみますー。とりあえず一回目。

○メニューアイコンからPHOTOを外しました
(ココログのアルバムが揃ったら復活させる予定です。ニコンイメージングは廃止)
○赤い車の会通信の更新
 赤い車の会のページ、封鎖しました(^^;。機能してなかったので。
 月末に向けて夏コミ当落予告。受かってるといいなぁ。
 短信も更新。
○Amazonアソシエイト関係更新
 ビジュアルリンク系大幅追加。見てみてね。
 テキストリンクも追加。今回は360のソフトと本がメインです。
(あ、やべ。フレームシティのリンク消し忘れたw)
 ビジュアルリンクとかぶってないものがあるので、それぞれ見て頂けると。
○えんのした更新
 愚痴。でも心配事はとりあえず回避されたみたいで本当によかったです。
 何事もありませんように。ただ幸いを祈って。

 このカテゴリーにトップからリンクをつける作業とか、長くほったらかしの左スクレイパーの内容修正とか、そろそろ飽きたペンギンとっかえとかやるつもりですので、明日も更新あると思いますです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

SEGAlinkにて久々に吹くモード

 いやぁ、実に最近の若者らしいキョドっぷりを久しぶりに見せてもらいました。
 言い返すつもりだったけど拒否られたのでここにw。

 事実なのでもー名指しですが、前々からカールグスタフ君というユーザー氏の、「自分の畑(一応模型のつもりらしい)における絶対的優位性の誇示から来る水かけコメント」だの「知識豊富と思っている分野における間違った知識の流布」に辟易してたのですが。

 先日、とあるユーザーさんが楽しみでやってる事に「人生犠牲にするぐらいの覚悟いりますよ」てなコメントをポストしてまして。流石に呆れたんで(過去に自分とこでも随分荒らされたけどねー;)これこれこうだからそういうのはやめたら?とミニメしたら、

「残念ながら、あなたの文章とホームページの書き込み、ネットの行動パターンを知り合いの臨床心理学科の教授、並び院生に鑑定していただいた結果、「重度のネット依存症の症状が見られ、これ以上かかわるのは危険」との指示が出ましたので、拒否リストに登録させていただきます。」

 と一方的なミニメ送りつけられて、拒否リスト入れられて書き逃げされちゃいましたw。

 あのー、分析のデータになるほどの書き込みを私がSEGAlinkにしましたかw。行動パターンて、そんなに明確にわかっちゃう程べったりできるくらいアクセスできてたの?PCたまにしか使えないって言ってなかったっけ?w てゆうかどこのお医者様がそういう判断を下されたのか、明確にしてほしいものですねー。説明はあくまであなたの口から行われたものでしょうから、その警告は遠まわしにあなたへのものであると気づくべきだと思うのですが。

 これ以上荒らし食らうのも迷惑なんで、私に関わらないでくれるのは大歓迎なんですが、(詳しくはなーんもいじっていないうちのSEGAlinkのMyHPでカールグスタフ君の書き込み見てくれればOK)、他の人に迷惑及んじゃうのは怖いので、一応警告文的意味合いでここに書いておくことにします。

 ようは「スキルを誇示することでしか自分のポジションを確立できないので、他人を蹂躙することでそれを実現している快楽犯、ないし確信犯」の典型だったわけですが(この手合いは困ると権威にすがるんですな。キャパ超えると逆ギレないしこれなのでわかりやすい)まさか身内に「お前が悪い」とも言えない(てゆうかそれやっちゃったら精神科医失格だよね)んだってことにも気づかずこういうミニメを送ってきちゃう神経に吹きました。

 気の毒な精神病の人もネットにはたーくさんいます。でも、それって人に迷惑かけていい免罪符にはなりません。方々でこの人が作った誤解を解消して回るのに、だいぶ腐心したことがあると前に本人に伝えたのに、わかってくれませんでしたねー、結局。自分を疑うことができないようで。

 ああ、でもネット依存症であることは否定しませんよー。
 私の一番大切な人はネットの向こうですから。その上、私の場合ネット繋いどくの仕事の一環だし。職業病ですがな。SOHOだもん。(ほんとは、たまに面倒になって逃げてるけど(^^;旅行中、繋げられるけどあえてネットサーフってしないしね)連絡も近しい人には極力電話でとってるのは近しい人ならご存知な筈。
 たぶん「オンラインするといるから、いつもSEGAlinkにいるんだ!」とか思ったんだろうなー。私は彼のフレンドじゃないので、オンであることをチェックするのは手間な筈なんだけど、わざわざやったんだろうなー。ネットができる時間に制限あるって彼は言ってたけど、依存症の人ストーキングできる時間があるんならその人も立派な依存症じゃないの?とか思いましたが(笑)。調べようと思えばこちらもツテはいっくらでもあるわけですがー(血縁者の職業柄専門家に知り合い多いからね)、手を煩わせるまでもないのでしないです。皆忙しいんだもの。

 あ、ちょこっと反論させてもらうなら、私がSEGAlink繋いでる時間って今は凄く断片的で、以前のように1ウインドウ立ち上げてマナーモードにして放置ってことはしてないです。基本的には自分がつけたコメントを見て必要なら返してるだけ。巡回は週イチってとこです、多くてもね。足跡も全体の3割程度しか返してないし。だもんで、その断片的な接続の時間に何故滅多に接続しない筈の彼がいるんだろう?とひっじょーに疑問に思ったことは記しておきましょう。

 坪倉っぽい(知ってる人だけ苦笑してもらえれば)なぁと前々から微妙に思ってたんですが、今回の件ではっきりしちゃいましたねー;まあ、どちらの言い分を信じるかは相変わらず皆さんの自由です。私は自分が正義の味方だなんてこれっぽっちも思ってないし、便利に駆けつける善人でもありません。ただ、重大なミスの尻拭いをせずにおれない損な性格してるだけです(ぉ。

 にしても、「ストレスが溜まっているから」と言って、その捌け口にSEGAlink使われるのはたまらんなぁと思いました。ついでに、分析の根拠になるだけの行動パターンを読めるのはICQで私と繫がってる人だけな筈ですが、どうやって調べたんだろ;ハッキング?スパイウェア?ストーキング?こわーい(>_<) ←こういう初心者のフリリアクションはやめれ>私(^^;

 まあそんなわけで、ようやく尻尾出してくれたのでありがたい限り。
 なもんで遠慮してたことはっきり書いちゃおう。
「ピンキーの改造で人生犠牲にする覚悟、なんて話を、例えばキミが絵の分野で、ないし文章の分野で同じように言われたらどう思う?私はキミの文章力を含めたコミュニケーション能力の欠如に辟易していたし、絵も上手いとは思わなかったわけだけど。ついでに、キミの発言で傷ついたと相談受けた回数は一回二回じゃないぞ。勘弁してくれ」

 ここで精神病に一定の知識がある人は、彼が鬱でない別な病気(わりとありふれた)の初期症状下にあることにもう気づいてしまわれたかと思います。(まあ坪倉パターンです;)あちら曰くの問診結果からも察することができますが…
 若年期の統合失調は初期治療しくると大変なことになるので、ネット断ちを勧めるところですし模型もストレスならやめるべきだと思いますが、私はもうフォローに疲れちゃったので、ここで言うだけにとどめておきます。

 いじょ。にしても某女史(ラで始まる方)はどうしてあの手のユーザーさんにばっかくっつくのか不思議でならないw。坪倉くんのフォローをお願いしたのは私だけどね。誤解があるといけないのでついでに言っておきます、坪倉刹那氏には私は随分嫌われてるし、私も(他に知る範囲でオリコンブログと2chの管理板の皆さんが)迷惑被ったんで随分警戒してるけど、一方で彼の病気がひどくならないようにフォローは入れてたんですよ。もうしてないけど。相手も「近づかない」という事を覚えたようなので、SEGAlink以外で現在同居してるコミュ(i-revoとGlep)では見なかったことにしています(^^;。たまに坪倉くん出現情報を教えて下さる方がいらっしゃいますが、そういうことなので気にしないでね>関係筋

※補記:本当に臨床医に提供できるだけのデータを得たのだとしたらそれはシャレでも脅しでもなんでもなく本当にストーキングであると判断したのと、もし「判断基準になるほどの個人情報を第三者に手渡した」としたらプライバシーの侵害かつ個人情報の漏洩なので、一応然るべき場所に通報はしました。やむなく。証拠の提出で反論ができるのならどうぞ。こちらは何一ついじりませんが、ログやコメントの消去は今からやってももう遅いかと。こちらも拒否リストに入れましたがうちに入れたコメントは消せる筈です、でもSEGAlinkのデータベースには残ってる筈なので。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

ドールさんのお部屋モード

 ココログベーシックでも写真が扱えることがわかったので、今後はいくつかアルバムを足していこうかと思うのですが、とりあえず目下の趣味であるドールのアルバムから作りました。このブログの画面左下に入り口があります。

 ところでドールさんを着せ替えさせてたら、すっかりなんか慣れてしまって、着崩し系グラビアとか見ても何も思わなくなりました。(裸が平気なのはわりと前から(^^;)ただ、お洒落がばっちり似合ってる女の子見るとときめくようになりました(笑)。重要なのは完成芸であると!悟っちゃいましたよ!ええ!w

 普通の写真もぼちぼち載せていこうと思います。
 たまに左下を気にしてやって下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

ちょおハマる体験版、けど…モード

 いやぁ。E3がらみで配信されたXBOX360のテストドライブ・アンリミテッドの体験版が面白すぎですよー。ハワイのオアフ島ほぼ全域(道路以外も(^^;)を再現したマップ内で、まず自分を作ってから車を買って、島にオンラインしてる人たちとつるんで走ったりもできればレースに誘うこともできるし、友達同士でも車の売り買いできるし、ヒッチハイクもできるし(笑)、ってな感じで、自動車ゲーム初のMMOにして、ゲーム業界初の「本当の」ドライブゲームになってます。

 体験版はランボルギーニ・ガヤルド・スパイダーとシェルビーコブラのあれはムスタングベースのやつ?427じゃないモデル、あとはロータス・エクシージのフェイズ2・240Rが選べます。たぶんボットですが、他の車も名前ついてちゃんと走ってて、つついてきたりするのでなかなか楽しいです。(名前なしの一般車や後述するパトカーもですが、ちゃんとAIで考えて運転してるので、反応面白いです)接近してAボタンでレースに誘ったりできます。コースは任意。そうそう、体験版なのでロックがかかってるエリアが一応あります。
 体験版は起動から15分のタイマー制ですが、その間にもいろーんなことができます。路上にあるアイコン踏んでイベント起こすのはもちろん、好きなようにドライブできます。どのくらい好きなようにかというと。そりゃもうものすごくです(笑)。

 とりあえず自分の車ちょお頑丈で、何やっても壊れません。でもって、もんのすごい傾いても横転しません。(グランツーリスモみたい、とか思いつつ、あれより凄いことになります)で、肝の部分が「基本的にコースオフしてもあまり減速しないどころか、藪だの山だのどんどん入っていける」という恐ろしい性能を持っています(笑)。で、これでどういうことができるかというと!「横の崖を登って斜め走りで思わずルパン三世の曲を口ずさむ」とか、「山に向かって走り出し、ホイールスピンしないアクセルワークと無理のない斜度のルートを見出して登山ができる」なんて感じなわけです。あ、でもジャンピングスポットには敏感で、跳ねたときの挙動は実車ばりに派手なので、そこは注意かも。ガードレールの向こうの世界に行っちゃったりしますから(笑)。でもちゃんとその先作ってあるので、そのまま走れますけども。戻りたくなったらBACKボタンでコース復帰可能です。あと、マップ出せば道路ならw任意の場所にボタン一発で行けます。

 で、体験版のおすすめの遊び方の1つは探検・登山。ようするに道路以外を踏破しようというお遊びです。山によって難易度違いますが、結構険しい山もあるので、登りきるとけっこー感動しますよw。下りるのも楽しいし。
 もうひとつはちょいイリーガルなお遊び。おまわりさんとカーチェイスで気分はルパン、です。るぱんざさー♪と口ずさみながらやりましょう←(c)つくりものじセンセ やり方は簡単、一般の車に激突ないし接触すると、1回で画面上部のおまわりさんマークが半透過表示に、2回で完全表示されます。で、マーク1つで路上のパトカーが追跡を行うようになります。3つまでマークはつきますが、3つになるとなんとパトカー3台縦に並べて路上封鎖してきます。もー一般の車とか他プレイヤー(のボット)とか走ってるパトカーとか巻き込んで大迷惑なんですが(^^;、路肩を抜けられればあっさり回避できたりします。で、パトカー付近で停止ないし低速になってしまうとキップ切られちゃうので、そうならないようにえんえん逃げ切る、という遊びです。ずっと山の中走ってれば捕まらないので、あえて挑発行為を繰り返すのが楽しく遊ぶコツですw。15分逃げ切るのは案外難しかったりします。
 ハワイ州警察はこのゲームの中では結構ひどい連中でw、後ろから車を押して路肩の障害物に突っ込ませたりとか平気でしてきます。ぶっちゃけ悪い人たちなので、バーンナウトかなんかやってるつもりでどんどんはねちゃいましょうw。

 右側通行なのを除けばきわめて実生活に近い感覚の中、いろんな遊び方ができるとてもいいゲームなのですが、残念ながら日本での発売日は未定です。(発売は決定してるのですが)インプレスの提携ライターがMSのムーア氏に「ホントに日本でやる気あんのかゴルァ」とか噛み付いてましたが(^^;、確かにそう思う反面、海外優先にさせたのは他ならぬ日本の顧客だってことを忘れちゃいけません。さて、ここらへんから360の現状にテーマをシフトしてみますが…。

 先日のE3の感想で360に関して目立ったのは「日本向けのものがない」でした。でも、これって思いっきり言い訳なんですよね~。こないだヲサネコの家に遊びに行った時にも話題になった事ですが、実は日本のメーカーも今は余程ローカルなタイトル以外は海外基準でソフト作ってます。で、洋ゲーとされているゲームを遊んでみると、実は一昔前と違い高い洗練度で作られていることがわかっちゃう。結局のところ、製造国とローカライズセンス以外に違いはなくて、内容もうほぼ一緒と言っていいとこまで来ちゃってます。(ネットゲームの類の一切は、日本製に見えるものも実は世界向けバランスだったりしますしねー。てゆうか純日本製のネトゲ自体が数えるほどしかないのに、そのセンスは海外のゲームから引っ張ってきてるってのが実情で)

 でもって本来日本製らしいゲームというとアーケードゲームだと思うんですが、これもひどいもので、例えばアウトラン2006というアウトラン2SPの移殖は、PS2・PSP・XBOXで出てるんですが、日本未発売です。輸入ソフト屋さんでしか買えません。

 日本の顧客はゲームを見てない、タイトル名を見てるだけ、というのが「日本のメーカーにすら」浸透しちゃってるのが現状で、どんなにいいタイトルが出ても気づく人が一握りなので「もういいよ;」となっちゃった会社がかなりあるようなのです。360に限らずね。もうそもそも日本人だけのために作ってるってゲームはごくごく少数ですから、日本のメーカーでもキャラゲーでもない限り販売を国内では迷う、というもうなんというか、末期的症状になっちゃってます。

 それに加えて360の場合「どうせ洋ゲーばっかだから」という、遊んだ人間ならわかるけど既に何の意味も持たない言い訳をいまだに言い続ける保守層の顧客が根強いせいで、いわれのない中傷で「もうだめだろ」と言われてるケースが多いです。(インプレスのライターも随分叩いてましたよねぇ…)加えてマスコミの理解の無さがあります。米国での報道まんまで新聞に流したせいで、PS3と360の価格差が1万5千円とか書かれたりしてました。(ご承知かと思いますが、実際には日本では2万5千~実勢で2万7千円ほど違います)でもマイクロソフトは反論の会見を一切しませんでした。これはもうインプレスのライターが穿った書き方した通りですが、日本市場は見切りつけられたと思っちゃっていいんじゃないかと思うほどです。先のラインナップも精鋭揃いですが少数で、海外とギャップあるのは事実です。ローカライズに時間かかるのはわかるんですけどねー。でも、これは日本製ソフトがノしていた頃、海外のゲーマーさんが同じように味わった歯痒さなんだと思えば、単に主導権が移ったのだと納得できるかと思います。これはもう360に限らず、WiiであれPS3であれほぼ一緒でしょう。同時発売ってのは実は結構難しいことです。

 てなわけで風評に惑わされる輩多数の中、実は細々じっくりではありますが360は台数を静かに静かに伸ばしてます。現在日本で20万台ちょいらしいですが、3ヶ月前のデータでは12万台だったんですよ。ちゃんと伸びてきてはいます。理由はそれぞれですが、安定した環境できれいな画面でFFXIを遊びたい人だったり、N3で入ってきたり、PSU狙いだったり、経済的な理由で乗り換えが遅れてた旧XBOXのユーザーさんがやっと入ってきたり、いろいろです。実はロストプラネットの体験版の評判を聞きつけて、それだけで買っちゃった人もいます。あとはカルドセプトレジェンドを待ってて、もう買っちゃったなんて人もいるみたい。で、ついでに既に出てるゲームで遊んだら「面白かったよ!?」って反応が出たりしたそうで、ちょこっとずつですが足場はできてきてるんです。度々SCEシンパの横槍受けながらも、そういうのはスルーできる理性ある人たちの間で(笑)。

 ようは「ゲームが好きな人」はちゃんと360の動向気にしてるんですな。「流行りモノが好きな人」は「FFとドラクエ」の動向を気にするだけなんですが。(決してハードの動向ではありません。これでPS3が安ければ、迷わずPS3だったのでしょうけど>流行りの人)
 流行りは民意から発してるようで実は最近は完全にマスコミの制御下なわけですが、PS3がコケた時の保険を考えてないのが注目すべき点です。切り替えがきかないとこはすぱっと淘汰されるでしょうねー。今ではゲーム好きの口コミマーケットはごく小さいのが実情で、それは寂しいことです。DSのWi-Fi入りごっこ遊びとか学習系くらいですね、口コミでまともに流行ったの。学習系はゲームと呼んでいいか疑問ですが。まあ携帯ゲーム機市場はここでは置いておきますが。

 結局のところ、ビルゲイツ氏への偏見を持った皆さんと愛国心溢れる皆さんの手によって、360の情報はうまいこと隔絶されていて、それで流行っていないのが現実です。某政党もびっくりの風評流しますからね、彼ら(笑)。で、それが嘘だと見抜けた、ないしは気にしなかった人だけが、新時代のコンソールで既にいい目を見てますよという状態になってます。

 最初の論点近くに戻りますが、XBOX360は体験版だけでも(=お金をかけなくても)びっくりするほど遊べる機械です。でも、オーナーでもそれに気づいてない人が結構いるのが実情で、それが残念でした。(ただ、ロストプラネットの体験版は相当反響あったらしく、15日夜には駆け込みダウンロードでサーバが随分混雑しました。実はE3後の今日現在でもコンテンツ残ってたりするのですがw)
 で、さらに残念なのは、体験版が出てるのに発売日が確定していないソフトが多いということです。今回取り上げたテストドライブアンリミテッドも、欧米では夏らしいですが日本では未定です。ロストプラネットは冬、ということだけ決まっています。年始くらいにはダウンロードできてた(あちらではローンチだったので)CALLofDUTY2が、6月に日本語版がコナミからやっと出てくれるとかそんなペースなので、この素晴らしいテストドライブもいつ日本の仲間達と楽しめるのか、ちょっと心配だったりします。

 最悪、ローカライズしなくていいと思うんですけどね。だって場所ハワイだし、英語で当然じゃないですか(笑)。メーターのマイル/キロメートル表示切替と、国籍表示だけできれば十分な気もします。ゲームでハワイに語学留学だッ!wとにかくあの体験版はおすすめです。

 国内のゲーム市場の劣化に苦慮しつつ、とりあえずシメとします。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

BRが高いのはドライブだけじゃないモード

 昨日一昨日くらいでしょうか、VAIOの夏モデルの追加分が発表になり、ブルーレイ(以下BR)ドライブの記録型を搭載したモデルがノート(AR)とタワー(RC)の両方で発表になりました。現時点で、RCのオーナーメイドではBRドライブを選択できないので、私が使っているTypeAの後継機であるノートのフラッグシップ、TypeARのオーナーメイドでアッセンブリの値段を調べてみました。

 今回光学ドライブのローファイ化やオミットは無しで、ノート用薄型ドライブの最低でもスーパーマルチか、あるいはBRドライブという選択になっています。とりあえず単純に光学ドライブの話から入ると、ソニー機のスーパーマルチは確か2万以上、2万5千くらいした筈です。そこからBRに切り替えると、プラス6万円となります。ようするにだいたい8万円以上のアッセンブリである、ということになります…が。この話は光学ドライブで完結しません。BRドライブを搭載する場合、CPUは最低でも上から二番目、CoreDuoの2GHzモデルであるT2500を積まないといけません。 TypeARにおけるローエンドであるCoreDuoT2300(1.66GHz)にプラスすること2万5千円です。相当な処理能力を要求することが伺えます。(もしかしたら、CELLプロセッサを使っても同時に何かを処理することはできないかもしれません)今回ビデオまわりはNvidiaのGeForceGo7600(256MB)が標準なので、ビデオはデフォルトでそこそこ強力です。で、タワーモデルであるTypeRCの話になるわけですが。

 RCの場合は話はもっと複雑です。制限を受けるのはビデオボードとCPU、そしてモニター。何故モニターかというと、著作権保護機能の都合「HDCP搭載のモニターとの組み合わせでないと駄目」という制約があり、搭載モデルとの組み合わせないしモニターのオミットを選択しないといけません。勿論最新のモニターなので高額です。17型SXGAモデルで5万もします(^^;。ハイエンドでもWSXGA+までしか選べず、その場合20型ワイドで11万円。HDCPを諦めると今度は何故か巧みに他の画面サイズ・解像度領域・ないしチューナーつきを選ばされる羽目になり、割高感がわからないように設定されています(笑)。参考までに、17型SXGAのHDCPなしは今回のモデルチェンジで消滅しましたが、記憶が確かなら35000円程度でした。TypeHXに組み合わされるモニタも今回全てHDCP対応になって、一番下が6万になっちゃったんですが;著作権管理にそんなにお金持って行かれるのはちょっと…という気がするんですが;。それって我々が払うお金なの?と。
 CPUはPentiumDの940(3.2GHZ)以上ということで、ローエンドの930(3GHz)だけ駄目なんですが、一見大した差があるように見えないこの2つのCPU、価格差は2万円です(ぉ。ビデオの方はハイエンドであるNvidiaのGeForce7600GTのみの選択になります。インテル950との差額は3万5千円。まあ、RCを950で使う人はいないと思うので、同じGeForceの6600GTと比較しても差額は1万5千円です。肝心のBRドライブアッセンブリの価格がまだ不明ですが、BRを扱うためにだいたい最低5万、モニタを最低ラインに絞ったまま考えて最高で7万の差が出ます。ここにさらにBRドライブの価格差が乗っかるわけで、恐ろしい値段になることは既に明白、ということになります。単純にBRドライブを扱いたいだけなら、TypeARを選んだ方が安上がりかもしれません。

 というわけで、記録型とはいえドライブ単体でもやはり高価なだけでなく、扱うための環境も相当強力でないといけないので自ずと高価になることがわかります。一応フォローすると、RCもARもフラッグシップなので、最低スペックで組んでも相当に高性能です。そこからさらに上を要求するわけですから、BRドライブがいかに難物であるかが伺い知れるかと思います。

 それを積んだPS3があの価格なら割安かもしれない、という考え方もありますが(HD-DVD勢の再生専用機が5万で既にサプライズだったわけですから)ARやRCのように「ハイビジョン撮影した動画を取り込んで編集」なんてことを普通にやるPCであれば「データの記録媒体」としてBRドライブの価値は生じるものの、単純に再生を考えた場合、DVDからBRに乗り換えるメリットがどれだけあるの?というのがありまして。(違いを感じるには付帯環境…TVなりオーディオなり…の強化が必要で、そちらに莫大な予算を投じないといけないわけで)ゲームではDVD2層以上のデータを持たせた場合、開発費がとんでもないことになるのは既に自明の理でして、ついでに言うとGPUの性能が上がったので、プリレンダリングムービーはゲーム画面とのシームレス環境を考えて廃止に向かってるというのが現状だったりもしますから、とりあえずゲーム機として見た場合もやはり疑問符がつきます。

 HD-DVDの具体化が速かったので、ソニー的には何らかの提示を急ぐ必要があったのだろうと思いますが、逆に「待ち」の印象を与えられましたね。単純にデータドライブとして選択できるのであればここまで高額にはならないわけで。VAIOは好きなマシンですが、無理してBRドライブ積みたいとは思わなかったなぁ。安くて安定していてデザインが美しいのがVAIOの取り得だと考えているので。

 今のままだと少々微妙ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

かばん考モード

 ビジネススタイルに無縁な生活を送る私は、ブリーフケースを無理に持つ必要もなく(まあトラッドスタイルの革製のハンドバッグくらい勿論持っているけど)、多少装備品はあるけれども、闇雲に広い気室があっても荷物が混ざるばかりで、普通に売られているかばんにはだいぶ不満があった。旅行に行くためのトランクならまだしも、ただ街を歩くだけなのに何故バックパックなの、山に登るわけでもあるまいし(と、ミレーあたりを愛用してる人をつついてみるw)などと常々思っていた。たまにワンショルダーなどの程好い気室を持つバッグを頂いたり買ったりしたかと思えば、耐久力不足であっさり肩の付け根が裂けるなんてことは日常茶飯事で、頑丈なカバンが欲しいなぁと思うものの、国産だと例えばエース社あたりのものを狙ってみると目玉が飛び出る。

 オークションで落としたXBOXのワンショルダー(ハーネスに携帯のケースがついているスグレモノ)が結構お気に入りだったのだが、ある日かにさんことなかた先生からお誘いを受け、ミリタリー系のかばんの現状を知る。こんな感じで。詳しくは先方を見て頂きたいが、米軍の装備というのは最近なんでもそうだが、「共通のシステムを構築して相互に運用できるようにする」という極めて合理的な作りになっている。銃器類で言うところのレイル・システム(銃にマウントレールを付け、そこに上部ならスコープ等の光学系をマウントしたり、側面・下部ならライトをマウントしたり、下部ならグリップをマウントしたりすることで、銃の性能を自分好みにシステムアップできる)のように、ラゲッジ類をトータルに管理しようというのがPALS及びその関係装備だ。ようは親亀の上に小亀びっしりとかがその運用用途に応じてできるようになっている、というアイディアである。作戦内容により装備が変わるのは当然だが、その都度中身を入れ替えるのでなく、メインのかばんに装備するポーチ自体を中身ごとまるまる取り替えることができるだけでなく、PALSさえあれば豊富にある互換品の中から自分の好きな組み合わせでかばんを仕上げることができる。大したものだと思った。思ったのだが私はなかた先生の欲するところであるA3のような「普通のバックパック」をはじめとする軍装品には全く興味が湧かなかった。その理由は後述するが、米国のとあるウェブショップで商品を眺める中、たった一社、確実に胸に突き刺さった会社があった。それがMaxpedition社である。特に同社の看板製品であるVersipackと呼ばれるシリーズの、JUMBOと呼ばれるモデルに一目惚れした。

 JUMBOのどこいらへんが良かったか。まず、バックパックでも、ウエストバッグでもなかったこと。形容するならタクティカルベストの前側右半分あたりという感じ。体に密着する設計になっており、広いハーネスは頑丈そうで荷重で裂けるなんてみっともなさは微塵も感じられず、また密着するので重量の分散が期待できた。また、前に装備するものなので、装備が視覚に完全に収まりアクセスが容易な上、後ろを気にしなくていい。これだけの特徴が一目で伝わるデザインな上、同社のポーチと組み合わせた場合のデザインのまとまりがすこぶる良かった。カジュアル系のスポーツバッグにも希に機能性を見た目で訴えかける優れたデザインのものがあるが、これはその本物も本物、という雰囲気なところが良かった。本体にある収納の分割数やその広さも十分に要求を満たしてくれるもので、もう出先で薬をかばんの中から探すのにえらい苦労をすることも、使いたい時にLEDライトが出てこなくて困ることもない。全て予定されていたかのように狙った場所に収まる。主気室も思いのほか広く、普段持ち歩くものが全て収まる。その上で、(本来は拳銃やナイフ等を収納する部分だが)ファスナー一発でアクセスできる大きな気室(スリップコンパートメントと言う)も備える。その上で、新世代の汎用水筒として広くスポーツの世界でも普及しつつある(無論官用でも)米国Nalgene社の32oz/1L水筒がとても綺麗に収まる上、そのポケットにはよくある500mlのペットボトルもきれいに収まるのだ。想像の範囲で既に完全に要求を満たすものだった。何より、「そういうカバンを持ち歩いている奴を見たことがない」のが良かった。そして、過剰に軍用装備的な主張をしていない。組み合わせて使っているのはこれまた非常によくできた品であるMega Rollypoly。雑誌サイズのものが結構な量入る巻き取り式のポーチで、畳んだ状態では非常に小さく、展開しても真正面に来るためバランス的に体を圧迫しない。この組み合わせが非常に気に入り、Nalgeneのセージグリーンのボトルとともに注文した。

 軍事用に見えないもの、という発想から一見逸脱するかもしれないが、色はオリーブドラブグリーンを選択した。他に黒とデザートタンがあったが、黒は逆に実戦的に見えてしまい冗談通じない警官に職質を食らうという大変不本意な状況を招きそうだったのと、事務的でつまらないという観点から避けた。デザートタンも悪くなかったが、カジュアルより少し落ち着いた印象になるのと、ブランド脳汚染されたトンチキ坊やに「吉田カバンのパチモン」とか言われると非常に心外だと思ったので(笑)これもやめた。少し遊び心のあるカジュアルカラーということでODグリーンを選んだが、正解だったように思う。日が射しても熱くならないし、抑えた色の服装と合わせても浮き上がらない。有彩色の服装との組み合わせにも案外映える。本来カモフラージュカラーなのだが、デニムの紺などとも相性がいい。

 ところで、Maxpedition社は中国法人でMagforceという別ブランドを持つ。PALSウェブの装備や細かいところの改善などが1世代遅れているが値段は安く、日本で輸入されているのはこちらのブランドだ。全くオススメはしない。もとの値段が安いとはいえ結局個人輸入した場合のコストと等価程度で一世代前の性能のものを買わされる羽目になるというのもあるが、何より社名が少々下品というか子供っぽく感じる。折角の機能性が「ごっこ遊びの延長」のようになる台無し感があるので、多少の苦労を顧みずMaxpedition社の製品を購入することをお勧めする。

 Maxpedition社は他にも優れたカバンを作っており、私はあまり好きではないがバックパックの類もある。そして、Versipackの類もさまざまな種類がある。脱着式ハーネスのデザインがいまひとつ好きになれない、かつ耐久性に疑問があるので、幅広のベルトとスリップコンパートメントを備えたVersipackで、肩だけでなく腰にも装備できるThermiteというモデルの買い足しを目下検討中だ。ウエストのベルトループが追加されるため、ポーチもさらに追加装備できるようになる。こういったシステム構築を同ブランド内でやった場合映えるのが、この会社のいいところだと思う。逆に言うと、他所の(軍用という意味で)本気モードの商品と組み合わせた場合、ナリが良すぎて相互に映えなくなるという欠点もあるのだが。少なくとも現状、日本の各ブランドを選ぶよりも先鋭的でいいチョイスだと思う。ウエストポーチ類も普通に装備してるとなんだか野暮ったいものが多いなか、この会社のものはカジュアル性ないしインテリジェンスと機能性を同時に見せ付けてくれる。

「そういえば、こういう事を以前にも思ったことがあったな」と思ったが、思い出した。
 日本で流行りだす前のSurefire(言わずもがなタクティカルライトの雄)を、日本語が通じる米国の業者から初めて買った時と、同じ店で今や高性能ナイフのド定番となったCOLDSTEELのナイフを買った時の感じに似ている。
 今後、じわじわとブレイクしていくのではないかと思う。もちろん代理店に法外な値段をふっかけられつつ、だろうけれども。

 余談だが、PALSウェブのコンセプトは日本ではエースがいち早く取り入れた。東急ハンズなどで当該製品の取扱いがある。しかし、やはり目玉が飛び出るほど高い。トピックとしては、少し艶のあるいい質感の紺色に裏打ちとステッチで赤を合わせるという趣味のいいカラーリングがあるが、残念ながらそこに組み合わせるPALSのアイテムが今のところ同社製品以外は前述の黒・緑・タンの他にウッドランドカモ(いわゆる日本でよく見る迷彩)やデザートカモ(砂漠迷彩)などしかない。どれもあの優れたカラーリングにはマッチしない。惜しいところである。しかしまぁさまざまな色が増えてもとりあえずバックパックは買わないので、現状あまり関係ないのだが。

 何故バックパックを好まないかというと、後ろに目がついてないからである。冗談でもなんでもない。一応まともな心の持ち主なので、人にぶつかった場合とりあえず「すみません」が口をつく私は、バックパックを装備すると都会を歩けないことがわかった。都会人はバックパックを障害物として払いのけて歩くし、その状況でも私の口はうっかり滑って「すみません」と声を発してしまうからだ。非常に馬鹿馬鹿しい。無礼者にかける侘びの言葉など本来ないのに。で、JUMBOを装備してからそれがなくなった。大変な功績である。MAXPEDITION社を褒める理由の最たる部分かもしれない(笑)。あと、背中が空いているということは、いつでも背もたれのある席に座れるということである。コンディション次第で立ち居が大変辛い私には座席確保は重要なことであるし、緊急時にはJUMBOを外さずにシートベルトをかけて車を運転することすら実は可能である。

 そんな感じでMaxpedition社の配慮とデザイン性に満ちた商品群は一見の価値があるし、おおいにオススメできる。汗で塩がのっちゃっても一拭きできれいさっぱりのテフロンコート、頑丈な繊維・縫製と、日本のメーカーが出したらいくらするんだかという作りの良さがありながら、価格は常識の範囲内だ。そしてVersipackシリーズの先見性は大したものだと思う。

 どうでもいいことだが、旅行かばんには私はワインレッドにタンのアクセントカラーが入った豚革のレトロ調トランクを使っている。先端技術とレトロモダンのミスマッチが少々面白く、割と気に入っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

眠っていた能力を掘り起こすモード

 明日タイヤセット交換(冬→夏)の予約をしてるので、冬でのドライのスペックを見ておこうと思って、近隣で一番タイトなワインディングにビートを連れていってみました。長くて4秒で次のタイトターンが来てしまうので、自ずととんでもない回数のシフトワークとペダルワーク、ステアリング操作を強いられるわけですが、いやもうすっかり鈍ってましたね;前はタコメーターどころかスピードメーターを見る余裕がありましたが、左手はシフトから離せなかったし、視界はもう前方にめいっぱい集中。REV-01とはいえ車体の前後にタワーバーが入ってるせいか無理矢理タイヤに力がかかる状態で、アンダー出すと前からスキールが。(このあたりも忘れてる。切り角はあんなにいらない)

 前のビートよりパワーが出ていて、3速までダウンしたときにオーバーパワー気味になり正直怖かったんですが(立ち上がり油断すると膨らむ)、だんだん思い出してきました。ブレーキもラフになってたなぁ、あんなにタイヤ鳴らしてるようじゃいけない。フラットスポットとかできてないといいけど。ABS車だのATだの乗ってると運転下手になることだけよくわかりました;

 しかし以前はあのコース、タイトターンからの立ち上がりに2速を使った記憶があるので、1速ずつ上のタイミングで下の回転数を使ってる事に気づきました。巡航状態だと気づき難かったけど、こりゃ前と随分トルク差あるなぁ。どうやら前のオーナーさんはいい仕事をしてくれていたようです。

 右手酷使したのでステアに手垢が(笑)。今回はMOMOを入れてますが、だいぶ扱いやすいので助かってます。以前は純正でした。

 というわけで途中で「峠でブレーキ使いすぎるとベイパーロックして落ちちゃうナイスカー」こと旧エスティマのだっさいライダー仕様にひっかかっちゃったので、追い越しなんてとてもできないタイトコースだったこともあり、最後の1kmくらいは流しました。ミニバンのペースだと超イージードライブ。当たり前ですが。トヨタのミニバンはどいつもこいつも登坂弱いんで邪魔です。行きはVOXYに邪魔されました。ヤレヤレ。

 1000km弱走ってようやく癖がわかってきましたが、いまだにリヤのタワーバーの処遇で迷ってます。フロントだけにすると簡単でいいんですが、前後あるとタイヤを使い切る感覚がわかるので。(結果的にはマイナスのチューンであるように思うのですが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

省みる時・モード

 大切に思っている人がいます。
 その人とは最初、趣味の分野で知り合ったのですが、ある時その人が「自分と同じ、心に大きな穴が空いてしまい、喪失感と後悔の念に苦しんでいる」ことを知りました。
 今、その人は鬱に苦しんでいます。そんな中で、私の話相手をしてくれてます。

 私はといえば、鬱を飛び越して心身症や重い自立神経失調症を起こし、常人のコンディションではありえない血圧や脈拍のせいで、心疾患はじめ循環器系や脳の血管障害の可能性に怯えながら生きています。普通に苦しいだけじゃなく、いつ終わるかわからない命と向き合いながら。

 誰かと話す時、ここ数年の私はいつも「自殺は考えてないけど、身体が許してくれないから」と、自分の命が続くこと、将来の話をすることに否定的でした。ふとその人とそういう話題になった時も、最初はそんな感じの話をしていました。でも。

 鬱に苦しんでいるその人が自殺の話をした時、素直な気持ちが口に出ました。
「これは私のエゴだけど、あなたには生きていてほしい」と。
 その時思い出しました。
 誰かに生きてと言うのなら、自分も生きないといけないことを。
 そんな単純なことを忘れる程身勝手になっていた自分を恥じました。
 その人だけじゃない、多くの仲間にも悪いことをしたと。
 勝手を言ってごめんなさい、私も生きる努力をしますと、その人に告げました。

 いくつかの目標が自分の中に生まれました。
 そのうち一つが、私の心を救ってくれたその人の心に背かないため、空間に爪を叩き込んででも生きてやる、連れてかれるわけにはいかない、というものです。
 遠くの人なので、立場的な都合でお別れをすることもあるかもしれません。でも、せめてその時までは。あの人の視界にいられる、話ができるうちは、あらゆる厄災に抗うと決めました。

 その人の心の穴を埋めるなんてだいそれたことはできないし、そこまでの存在には見てもらえてないっぽいですが、私も穴が埋まってないとはいえ、過去にえぐられた傷口を癒してもらえましたから、少しでもお返ししたいなと思っています。これ以上ひどくなってほしくない、私のように身体までめちゃくちゃになってほしくないという想いもあります。こんな思いするのは、私一人でいいです。できることもできない身体になって、もどかしさと焦りに苦しむなんてのは。

 苦しみの中に喜びをきちんと見いだす心を与えてくれたその人、そして友人たちに感謝です。ずっと心が死んだまま、時間という川を流れているだけの存在でしたが、なんとか心の鼓動を取り戻したように思います。あとは足元にアンカーを叩き込むだけ。

 さあ、動き出さないと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

お車購入おめでとうモード

 うちのサークルの重鎮でいらっしゃるしろにゃんが新型ロードスターRSを購入したことをぽろっとBBSで話したのがつい先日。現時点での会誌の最新号でとても欲しい話をしていたので、いつ頃かな?と思っていたら案外すぐでした。びっくりでしたがおめでとうですね。

 で、会のメンバーにはもう一人、ある車(私が過去に試乗記で絶賛した車です)をずっと欲しがっていた人がいます。それはえぬさん。かなりのレア車で中古が高額で、何度か諦めて他の車を買う話をしていたんですが、今までの愛車プジョー205の塗装の件で悩んでてそれどうなったかなぁ…と思っていたら。

 今日珍しくえぬさんからICQが入って、「S3買うみたい」と(笑)。
 みたいってそんな他人事みたいなー!と思いつつ(^^;、聞けば205を買ったお店に相談したら、ちょうど下(取り車)で来たやつがあって、いろいろあったので全コミ200万でいいよと言われたそうで、もう手付金払ってきたそうです。走行46000kmの01年式・黄色で、はっきり言ってめちゃくちゃ好条件だったので、本当にびっくりでした。

 灯台下暗しとも思いつつ、悲願達成でよかったですねーと。待てば海路の日和あり、かな。とにかくえぬさんおめでとうございます。

 簡単に車の素性を説明すると、先代のアウディA3の、同社のハイパフォーマンスラインであるSシリーズに当たるのがS3です。同社お得意のクワトロシステムによる圧倒的なトラクションとスタビリティ、1.8Lの軽量エンジンにこの系列最大のターボを組み合わせたエンジン(馬力は235ということになってますが、体感では280馬力のランエボ等と変わりない上に車体が小さく、それでいて安定感あってトルクが下から上までフラットに最大出っぱなしなのでインプレッサより体感加速凄いです)、そこに現在アウディジャパンがラインナップしていない極上のシフトフィールの6MTが入ります。わかりやすく言えばTTの1.8Tクワトロのコンポーネントを持つハッチバックなのですが、迫力あるボディと、Sシリーズの特徴たる鮮やかな黄色は印象的で、わかってるドライバーならバックミラーで視認するとたとえ愛車がポルシェでも警戒感を抱くという恐ろしい車です。大変台数が少なくて、アウディジャパンが日本語版のカタログを作らなかったほどです。(カタログありますが英語です)

 現行で言うならゴルフVのR32やA3の3.2クワトロSラインに相当する車ですが、ボディの美しさとプレミアム感においてはるかにそれらを凌ぎます。くあーえぬさんうらやましいヨ!

 TTなら中古たくさんあったんですが、えぬさん粘り勝ちって感じです。
 なんか私のビート出戻りから半年でぱたぱたと2人も買い替えたので面白かったですw。他の誰かも買い替えないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

タダ映画モード

 キッズステーションのサイトで名探偵コナンの劇場版のチケットを貰ったので、鯖ちゃんと見てきました。コナン君が脇役だったので吹きましたw。感想終わり(ぉ。

 まだ出先ですが今日中に帰れなさそうなので一応先に書き込みしておきまふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

360が密かに凄いことにモード

 もーなんつーか。HDDの容量が足りません(笑)。E3の特集ここまでやると思わなかった…。新作のムービーUPされまくりで、どれもこれも凄い内容で。当然ゲーム系Webサイトよりはるかに早い情報が上がってますから、百聞は一見にしかず状態で、もー見まくるしか状態になってます。

 デモも上がってます。待望のロストプラネット(カプコン)のデモが来ました。唖然。
 わたくし、正直現在のカプコンをナメてました;これにPSUのキャラメイクの自由度がついてネトゲになった日にゃ、とんでもないことになると思います。率直に言いますが、面白いTPSが遊びたければ今すぐ360の本体買ってきてLIVEに繋ぎ、ロストプラネット体験版をDLするべきです。たかだか体験版でこの内容このボリューム、しかも未完成だと。こんだけ遊べればどこぞのハードのどこぞのゲームの価格半分くらいの内容にはなっちゃってるじゃん!と(笑)。
 日本人に遊ばせるつもりで作ってるのがよくわかる、TPSとしてはきわめてわかりやすい操作性にも好感が持てましたが、画面のデザインの美しさ、細かい演出、そして敵のAIにびっくりです。なんつーか…「そういうデザインの敵が普通に動いて殴りに来る」んじゃなくて「そういう生き物が存在して普通に生活している中、人間の存在に反応して襲い掛かってきている」という感覚で、実にさまざまな動きをします。当然日本市場でなく世界市場を見てる作品ですが、久しぶりに「いやぁ、日本のゲームは凝ってるよなぁ」と思いました。PSUのグラフィックもこのくらい出るといいなぁ…。

 ムービーで刺さった作品も多かったんですが、やはりHalo3はインパクトありましたね。予想どおりコヴナントの旗艦は地球を制圧し、フォアランナーが残した鍵は地球にあった、というところから始まるわけですが。XBOXでも十分びびった筈なのに、本体レンダリングのはずのこのムービーがもう、短いものなのに「うわぁ…」って感じで。
 2の時、壁紙の配布で被弾したイメージのスパルタンがワードホグとかと一緒に砂漠を進軍してるCGがあったじゃないですか。あのイメージまんまです。あれが動くもんだと思っていいみたい。舞台はアフリカから。そしてHaloは3を持ってとりあえず完結だそうで、全てにケリがつく作品になるようです。楽しみ。でも来年!w
 Gears of Warもなにやら凄そうでした。Rainとか、TPS系の期待作多すぎです。でもってカルドセプトサーガが、まだ画面が煮詰まってない(あれなら他機種でも出せそう)状態での映像でしたが、モデリングのセンスはもろ日本人好み・人物はアニメ系で、ローカライズの兼ね合いかまだ口パクが入ってませんでしたが、かわいい女の子がいきなり死んじゃってショックでした;ただ、かなり気合い入ってるのはわかったんで、カルドセプターなら買っちゃうだろーなぁというのが。本体ごと。

 とにかく思ったのは、「あと1万円本体が下がれば、ひょっとすると化けるぞ」ということでした。私はマイノリティハードのまま贅沢を続けるのでも全く構わないのですが(笑)、ロストプラネットが口コミで広まるとだいぶ凄いことになりそうです。

 E3でこんなにエキサイトできたのは久しぶり。ありがとうマイクロソフト。まさにLIVEの名に恥じないインフラの利用っぷりで、ユーザーとしては持ってて良かった感が非常に強いです。まだまだ発表があるといいなぁ。人ごみにウンザリすることも無く出品を存分に楽しめるのだから、こんなに幸せなことないですよ~。当分ロストプラネットの体験版で遊んでる気がします(笑)。

 価格についてちょこっと補記。今回E3で任天堂がWiiの価格を発表しませんでしたが、恐らく発売直前まで引っ張る筈です。360に値段合わせ食らわないためにと、間違いなくPS3の値段が出るであろうことがわかってたんで、「Wiiと360を合わせて買うほうがまだPS3より安い」という状況を作らせたくなかったんだと思います。安心して360買っていいんだと日本人に思わせたくなかったと。市場の独占を再び狙ってるというわけで(のわりには奇抜すぎるしスペックも低すぎるんですが。欲しいけど)。恐らくあの構成だと2万で出せると思うので、任天堂が正常な値付けをすれば値下げするまでもなくPS3より安く360とWiiの両方が買えるわけですが。
 特殊な娯楽はWii、ネットワーク含めた王道は360で、きちんと棲み分けないし同居はできる筈です。

「もう続編モノは卒業しない?新しいことしてみようよ。あなたが思ってるより、今のビデオゲームはずっと楽しいよ」という言葉を投げてみつつ、果たして続編(保守傾向)大好きな日本人がどう動くのか、心配なところではあります。それでもPS3買うのかなぁと。

 どこかの会社に期待することは、PS3より安価で出力系がしっかりしたBRの再生専用機を出してくれることです。これが出ちゃえばもうPS3は存在価値を失います。だって、PS3で作れるゲームは、ほぼ全て360で作れますから(苦笑)。リンドバーグより性能いいですもん。360。当然VF5とか、セガが日本で出しさえすれば出ますし。あとはFFXIIIだけ、あれもデータ移行だけでさくっと移殖できてしまうものだし。リッジ7は言わずもがな。携帯との連動は360もやりますから。
 チャンスは思いのほか早く来たけど、あとはこれをコンシューマーがちゃんと認識して正しい判断を下せるか、かなぁ。

 ソニーはブラビアが好調なので、PS3がコケてもしぶとくPS2/PSPを売り続けることで当分はしのげる筈で、クタの将来はともかくソニーの将来を案ずる心配は何一つないです。ソニーファンの方も「駄目は駄目」きちんと判断して、別な方向からソニーを支えるべきかと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

あ~いし~ゆ~♪し~ゆし~ゆ~♪モード

 PSUcβ最後の2時間。がくち~センセにお呼ばれして、集団撮影会に参加してきました。なんかも~コスプレイベントみたいでしたw。とても楽しかったです。同じサーバーでは遊べないかもしれませんが、もし会えたらまた遊びましょう>皆さん
 そして、惜しくもβトライアルに参加できなかった皆さんも、是非かの地にてお会いしましょう。楽しいよ、PSU。

ぬまにゃん as…
 ビースト /女/ハンター  ぶるーとぱーず
 ヒューマン/女/ハンター  雛苺
 キャスト /女/レンジャー かすたまたん
 キャスト /男/フォース  蒼雷
  でした。製品版では別な名前になると思いますが、デザインは継承するはずなので、見かけたらよろ~です。たぶん1stはビーストおにゃのこハンターだと思います。

 もー立体作る気まんまんでスクリーンショット撮りまくったし、ドールで再現しようかな(笑)。かすたまたんは名前のとおりカスタマイズフィギュアのツインテールヘッドをモチーフに作ったキャラなので、わりとすぐ作れそうです。うちにツインテールヘッドないけどw。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

最後に嬉しいはからいモード

 PSUのクローズドβが最終日です。夕方~夜までのテストだったので正直もどかしかったのですが、短い時間とはいえ非常に楽しめました。

 で、最後に粋なはからいが。全ての登録キャラクターに10万メセタという超高額なボーナスが入っていました。お陰でお着替えや髪のアクセサリなど、お金がかなりかかる(ので、序盤はまず無理)お遊びをやってみることができました。

 その結論。ってゆうか自分の作ったキャラ激萌えなんですがッ!!(笑)
 マジかわゆいです。もー萌え死ぬところでした。いつでも立体に起こせるようにスクリーンショット撮りまくってしまいました(^^;。ある種ドールに近い楽しみがあります。(顔の自由度も高いし…)これは買いですな~。面白いし。

 で、残り3時間半ほどあるので、最後にちょっと試し事をしてシメにしようと思います。
 どんな感じだろう…ドキドキ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

E3がらみモード

 PS3が6万3千円弱で来たのには驚きました。めちゃくちゃ頑張った値段だと思います。ただ、これコケちゃったらソニーは潰れる気がします。VAIO買えないと困るので(使うPCなくなる)、国内で立ち消えしない程度に売れてくれればと思います。もはや国内のマーケットはスクエニの言いなりですな。スクエニがてこ入れしたハードになびく、という至極わかりやすい状況になりそうです。まあ、正直国内マーケット他人事ですが;FFとかドラクエやらないし。あ、そうそう、Wiiのドラクエは堀井氏が絡むなど一見本筋っぽいですが、ドラクエはナンバリングされてないとせいぜいポテンヒットなのであまりアテにならないです(笑)。面白そうですけどね。んで、高級ハードにソフト並列出しのFFXIIIは某宗教にとって不吉な番号の通り、高額なソフトを2本も買わせるという正直ド博打商売で、これもまた、んな労力あったら他にできることあっただろという印象でした。にしてもまぁ、場所がE3だってのに、日本向けの発表でしかないように思いました、この両機種。

 今日一番笑ったとこ:結局PS3のパッドはモデルチェンジできなかったこと(笑)。

 で、360のE3タイトルは既報の通り、映像ないし体験版でほぼ全てがLIVEで配信予定です。ムービー見た中では、ロストプラネットとバレットウィッチが凄まじいです。前者は体験版が明日からDL開始らしいので、超楽しみ。ロストプラネットが普通にSFメカTPSとしてかっこいいですが(人がパワードスーツに乗り込んだり、生身のままで戦ったりと、なかなかイカス)、バレットウィッチの世界観が!!杖の形をしたスマートガンで、弾丸と魔法をもっていろいろなぎ払う魔女!「恐怖を操るアクションSTG」って感じでゾクゾクもんです。楽しみにしてたタイトルでしたが映像見てますます。この2本があまりに凄くて、ソニックの新作が思いっきり霞みました。
 体験版では、テストドライブ・アンリミテッドが出てました。なかなか面白いです。テストドライブといえばジェネシス版の2を持ってましたが、ひっでぇソフトでしたw。でもポリゴンの時代になって、やっと本来やりたかったであろうコンセプトが実現できたであろう感覚で、なかなか楽しいです。あれハワイかなぁ、どっかの島の一般道を忠実に再現してあって、普段は交通ルール守ってふっつーに運転するんですが、アイコンがあるポイントでボタンを押すとイベントが発生して、レースやタイムアタックが始まるというものでした。たぶんLIVEだと思うんですが、他のプレイヤーも同じ島を走ってて、上に名前が出てます。で、だからなんだってわけじゃないんです(笑)。多分ふっつーに追いかけてケンカ売ることもできるだろうし、何人かでチャットしながらツーリングなんてこともできそうでした。
 おかしかったのは、車がやたら頑丈で、他の車に突っ込むと他の車壊れますが自分平気だし、コースオフして崖とか登っちゃってもある程度そのまま走れます。ルパン三世かあんた(笑)。やばい速度でコーナー飛び込むともう絶対コースオフなので(正しい、一般道なのだから200km/hの速度レンジでのコーナリングは想定していない)その後凄いもんが見られます。道と道の間の土地もちゃんと作ってあるみたいなんで、探検できるかも(笑)。
 なかなか風光明媚です。オススメなので持ってる方はDLしてみて下さい。

 てなわけで自宅でE3気分という時点でもう100歩は先に行っちゃってる360なわけですが、それでも売れない日本市場。ヤレヤレ。あ、そうそう。DDRスーパーノヴァ(アーケード最新作)の次が発表になってました。DDRユニバース。驚いたんですが4人同時プレイです;アメリカじゃマットコントローラー4枚いけるんだ;後ろで踊ってるおにゃのこがかわいかったです。

 

 E3の話はここまでで、PSUの話。なんとかビーストちゃんでLv20を達成して「例のもの」見ることができました。イカス。ハンターやるならビーストちゃんが一番向いてるっぽかったです。人間とパラメーター比べたら同レベル行く前にもう段違いでした。というわけで目標達成したので、先行するキャラがお金出し合ってキャスト子・レンジャーのために武器を買い揃えて一通り試しました。ああ、なるほどなーという変更です。PSO慣れしてる人に評判悪いですが、私はあれでもいいかなと。
 現状、射撃武器の付加属性の1種が突出して性能いいので、あれバランス取らないとダメっぽいです。てゆうか銃の付加スキルだけレベル上がるの早すぎ。

 折角公式BBSあるんですが、仕切り屋さんがでしゃばって普通に喋れる空気じゃないんで、しらけたので発言してません(苦笑)。なんでセガファンってああなのかねぇ…。フィードバック窓口は個別に設けた方がいい…というか、テスターにはレポート提出をお願いすべきと思いました。(特定の文字数以内でね)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

レベル上げタイムアタックモード

 PSUのクローズドβテストが水曜日でおしまいなのですが、それまでにどうしても達成したいことがあり頑張ってる最中です。守秘義務アリなので詳しいことは書けないのですが、今回種族がキャスト(ロボ)系かビースト(獣人)系だと、レベル20になったときあることができるようになります。

 実はヒューマン(ふつーの人間)でレベル21のキャラを既に育てた後だったのですが、その「あること」をどうしても見てみたくなって(笑)、東京から戻ってからβサーバー動いてる時間頑張ってレベルを上げてます。ビーストのハンターで、もうまもなくレベル17。
 一人目もハンターだったのですが、ある系統の武器ばかり育てたせいでそれ一辺倒で作業になっちゃったので、今回は複数の種類を並行してやってみてます。

 今日中にレベル18中頃まで行ければ明日にはレベル20行けるかな?という感じです。がんばらねば。いろいろペンディングしてるレスとかはその後にしますのでご容赦です。で、理解が進んだ状態での結論としてPSUは「なかなか楽しい」です。モンスターハンターよりははるかに;いろいろめんどくさくなったんですが、長く遊ぶための工夫と好意的に受け止められるようになりました。バランスも見えてきたし(まだ不満はあるけど)。

 でも360でないとやらないなぁ…。サーバーサイドで頻繁にデータセーブしてくれてるのでマシン落ちても安心なのですが、PC1台シェアするのはやはり結構きついし、そこそこのスペックのPCでこの動作だとPS2は論外だし。
 PSOとDCってセットで結構捌けた印象があるんですが、同じことが360でも起きないかなと思っています。もう一押し、値段下げられないかな。>MS>360

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

休日も頑張るAmazonモード

 今日、Amazonにて検索していた時のお話。
 リンク出しするつもりだったものが通常の検索で出てこなかったので、問い合わせのメールを出したら、すぐに返事を下さって、その中で商品へのリンクを出してくれました。

 日曜なのによく稼ぐなぁと感心しつつ(当日中の回答、期待してなかったし)、この頑張りをロジスティクスのセクションでも維持してほしいものだと思いました。

 そして私も怠けてないでここのコメントのレスつけろと思いました(^^;
(すみませんすみません;)

 とりあえずまじぽかはBOX3つ買うことに。BOXって言ってもハピレスアドバンスの限定版とそんなに実売変わらないしなぁ。(あっちは途中でザセツしたけど;)さて、ここで迷うのが、録画保存を継続するかどうするかなわけですが(笑)。

 エアチェックしてDVDも買ってる皆さんはどーしてます?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

Pinky:St.はドールたり得るかモード

 というわけで中身はついて来なかったのですが、汎用体に備える一品物ということで、あえてお迎えと表現しました。Atelier Vielleさんのドレス(一品物!)『月華の貴婦人』。ふっつーにうちにあった何番だっけ、吊るしのピンキーに着せただけです。

 FRONT
 REAR
 SIDE

 ヘッドドレスが4種類もついてきました。パニエのレイヤーのさせ方ちょっと間違えてるかも;。もっときちんと説明聞いてくればよかったかな。で、わざと写真をいつもより大判にしていますが、ピンキーのサイズは知っている人はご存知かと思いますが、わずか10センチ程度です。会場でもその技巧を絶賛してきたのですが、この神がかり的なドレスが安いものだと4000円切るものからです。これは5500円。繰り返しになりますが、ピンキー本体は全くいじっていません。

 もはや、間違いなくピンキーはドールだと思います。素晴らしい。

 ちなみに、Vielleさんの今回の最高の作品は水銀燈。ボディまでコンプリートのカスタムドールで、5万円。精密なものほど値段が上がるというセオリーを抜きにしても、この値段で正しいと思わせる説得力がありました。無事にお迎えされたそうです。(先方の日記参照)うらやましい限り。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

地元に戻って驚くモード

 折角遅い便の夜行バス使ったので、駅から先もバスで行こうと思ったら、バスがゴールデンウイークのタイムテーブルに変更されてて、40分も先でした。がーん。仕方ないので家の者に迎えを頼みました。県交通め!

 盛岡駅の立ち食いそばのつゆ、かつおだしが強くなってました。はくよーけん(漢字忘れたけどフランチャイズ元)め!

 で、家の者を待ってたらタクシーの車列の中に競技用風のほっそい7本スポークホイールにロープロのタイヤ履いた個人タクシーのコンフォートを発見して吹きました(笑)。銀河タクシー(個人)め!

 東京は思いっきり晴れてて気分良かったですが、こっちはどんよりです。空め!

 どこぞのご婦人がつれていたブラックタン・ロングのダックスフンドがカーニンヘンで小さくてかわいかったです。うちの「うっかりするとコーギーとの雑種に見えるダックスフンド」とは大違いです。ましゃちゅーせっちゅしたくなりました。犬め!

 ついでに。昨日のドルパのビンゴ大会で、21回抽選して3ヶ所しか折れなかった私。ボークスめ!w

 家の者が来たので帰ります。とほほ。ああでもまだ桜が満開だわ盛岡。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

弾切れ早いwモード

 あれーおっかしいなー、まだ財布に3万強あった筈なのに、もう2650円しかないや。てへ。(てへじゃねえ!>自分) わかっちゃいるけどドール関係はいろいろみるみる吸われますなw。隠しマガジンにまだ実弾6万ありますが、ドール関係はこれくらいで。

 お迎えしないつもりでしたが、しました。「あの」アトリエVielleさんのピンキー!
 もーあの神がかり的縫製のピンキーたちが目の前にずらりで、気絶するかと思いました。お迎えした子は5500円。ピンキーに5500円!?と言う方も、実物見れば黙ると思います(笑)。オークションだと軽く8千円超えるし。おまけも多数でした。ピンキーを完全にドールに昇華させてます。かなりとんでもないです。

 そんなわけでまだ会場にいます。東に行く体力が残ってないので、コミティアとWHFは覗かないつもり。15時16時とイベントがあるので会場に残ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょっとだけ寒い朝モード

 ドルパのためにビッグサイト到着ぅ。
 8時直前くらいだったけど、一般列の380番台だったので結構前かな。
 今目の前でガーリーパンクな女の子二人組がフジテレビのインタビュー受けてますw。暇だなおまいら!wおじさん目もとにやましさがにじんでるよー;てゆか、マシな被写体の子ほかにもっといるように思うが;
 あ、やめれ、こっちにカメラ向けんな;国家機密だぞ!←ォィ

 海風が強いので結構大変です。
 おひさまのおかげで暑くなったり風で冷えたりでもー。
 あと2時間弱行列がんばりますー;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

メイドさんそんなに珍しい?モード

 神田に連泊なので着流し感覚でふらっとアキバへ。
 いやぁ、ヨドバシはぜんぜん飽きないなぁw。いろいろ見て歩いて、ヘッドフォンを買おうか凄く迷ったんだけど、同じく外付けHDDでも迷ってて(MAXTORの300GB、2万)、そっち買ったらヘッドフォンはポイントで買えるなぁと思って結局ペンディング。ぜろすりの液晶フィルタだけ買ってきました。

 で、昨日ちっとも安くないドンキホーテ行ったときも思ったんだけど、なーんかメイドさんがどっかに発生するごとに人だかりで、凄い違和感が。駅前で宣伝で立ってた子たちのうち明らかにかわいい一人にだけ人垣できてたのが気の毒でしたが;
 んー、メイド服、あんなのよりずっとかわいいのを着た子を見慣れてたからなぁ、今更見ても特に何も思わず。レイヤー関係に首突っ込んでた時期そこそこあったからね;
 でもって最近は特別なかっこした女の子見ても特に何も。うちの娘が一番ですし。ええ。(笑) あ、でもマル助のメイド服姿は見てみたいなぁ、舞台ん時の写真ないの?w>マル助

 話はがらりと変わって、海外ソフトの話。アウトラン2006のPSPとPS2のがもう入荷してました。XBOXのがあったら買ったんだけど。一応SPの移植。で、DSのギルティギア(これも何故か日本未発売)も入荷してました。動いてるとこ見たかったなぁ。360のソフトで体験版ダウンロードできるけど日本で発売未定のソフト(トゥームレイダーレジェンドとか)もあって、微妙に気になりました。でも購入に至らず。英語苦手なんだもの。ヨドバシの前でぜろすりで調べものしてたら英語で話し掛けられたのでてきとーにおっぱらった程に。(ここは日本だ。遠慮もなく気安く英語で声かけんな。最低限えくすきゅうずみぃくらい言え。あと、SHITの意味くらいわかるので、TIDでブン殴られたくなければ余計なこと言うな)日本語ができるフォーリナーの皆さんにはめっちゃ親切なワタクシですが、無礼者は国境の区別なく嫌いです。見えるようにシュアファイア下げてんのに、パソヲタは万国共通で平和ボケか?と毒づいてみたり。

 これからカタログチェックです。明日の朝は荷物置きに一度東京駅行ってコインロッカー確保してホテル戻って朝食とってビッグサイトへ、なので忙しそう。でも限定品買う予定ないので、ゆっくり並びます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

こんなに熟睡したのは久しぶりモード

 昨日、秋葉原でちょっと時間を潰してきて(お目当てのアゾンのチロリアンはまだだった…)、あまりの人の多さにくらくらしたりちっとも食品安くないドンキホーテに肩透かし食らったりしました。ふっつーにメイドさん歩いてたり某社のデモンペインプロモーションレイヤーさん御一行さまと出くわしたり、なんだか変なことになってました。

 で、ホテルにチェックインしたのが16時半頃、ウェルカムサービスのホットケーキと紅茶を頂いたあと、疲れたーと思って一眠りしたらもう翌日の1時過ぎ(^^;。いやー、邪魔する人とかいなかったんでふつーに爆睡してしまいました。

 その後ファミマで軽い食事を購入。ファミマもSuica使えるようになっててびっくり。店員さんが「うっかりレジの前通った人のカードに反応して焦ることありますよー」とおっしゃってました。あんましEdyはチャージする気ないけど、ファミマ全店でSuicaとそのチャージができるようになったら、三千円くらいは入れておくかも。
 サッポロ一番しょうゆ・みそのおにぎりなんてものがあったので購入。ちょっとしょっぱかったけど美味しかったです。なんか順調にひらべさんとのダイエット競争に負けてる気が…。

 本日は特に予定ないのでダラダラ予定。気が向いたらアキバヨドバシへ、誘いが来たら外出予定です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水)

武蔵小杉のドール屋さんに行ったけどモーI

 お目当てのネクタイ売り切れ。がく。
 ただ、そこのお店がオビツ60ベースで新規に作ってるワンオフドール「グレーテル」がものすごいことになってて驚きました。凄い凝り様で、ぱっと見キャストです。ボディのメーカーにこだわりないなら選択肢かも。衣装のセンスが素晴らしかったです。

 それに先立って新宿アルタの天使のすみかに行ってきました。ヴァリコさんのワンオフのMSDで6万というのがありまして、それがものすごく可愛くて。残念ながら売約済みでしたが、買えるなら確実にお迎えしてたと思います。あぶねーw
 すみかではドルパのカタログとドールアイ、ハイヒール、そして長いこと探してたSDキャリングケースをやっとで!買いました。これで霧香さんとお出かけが!

 そうそう、明後日のドルパに出る音夢うぇでぃんぐVer.は開き目だそうです。先日半閉じ目を購入した方には開き目ヘッドの販売案内も行くそうです。しまった;私もお迎えしとくんだった…いいなぁしろにゃん。閉じ目でないなら5万も出す気あまりないので、今回は見送ると思います。たぶん超人気の音夢ヘッド/ウィッグ購入のラストチャンスなんですが。いらないものが随分つくので。うーん。

 名古屋で新作DDあるかまだ不明らしいので、素体買おうかちょっと迷い中です。
 うわー迷うー;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京寒いしぃモード

 6時半到着の筈のバスが15分も早く着いちゃって、余計暇に。耐熱仕様装備だったので長袖とはいえ朝は寒いしー;。困ったものです。バスは珍しく適温だなぁと思ったら、たまに止まってわざわざ冷房の強ブローをやるのでよくわかりませんでした。

 とりあえず何をするにも10時までは暇ですが、まだ2時間もあります。どうしよー(/_;) やっぱりこういう時は山手線ぐるぐるの刑かしらー?

 今日行くつもりのお店はお昼からなので、先にどっかで飛沫節(ナイス変換)ですにゃー。…アキバしか思いつかない自分が嫌;

 あぁもうどっかのうにくろで安いアウター買おうかなぁ;ほんと寒いよーしくしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

なんとか美容院間に合いましたモード

 髪の毛の量が半分くらいに(笑)。でもまだちょっと長め。

 ところで最近VAIOの3号機(RA52)の調子がおかしくて、PSUのβで頻繁にこけたり、イメージコンバーター2+で頻繁にこけたりして困ってます;やっぱデスクトップはダメだなぁという印象というか結論というかそういった方向に至りつつ。

 PSUはβを進めるうち随分印象が変わりました。当初と違ってちゃんと楽しめてます。理解に時間かかるのだけ難点だなぁ。

 てなわけで今晩東京に出発します。以降は例によってW-ZERO3で更新です。6日朝帰宅予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

やっと桜が満開にモード

 県内に入ってからしばらく足踏みしていたのだけど、今日暖かかったので一気に咲いた感じです。葉も出ておらずきれいに花だけ咲いており、いい感じの満開。

 にしても西の方の皆さんの桜の話から随分遅れたなぁと;5月になっちゃったぞ。ここまで遅れたのは久しぶりのような気がします。

 明日の今頃は東京に発つために駅にいる筈ですが、まだ殆ど準備できていません(^^;
 結局髪を切れなかった…とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »