« 久々の抗鬱剤の効果モード | トップページ | 部屋が暑すぎです先生モード »

2006年4月14日 (金)

わりと致命的なうっかりモード

 デプロメールは抗鬱だけでなく、私の持病にもわりと関係ある薬。
 以前なんでやめたんだっけ?って理由を思い出せずにいたのですが、ようやっと思い出しました。心臓がものすごく暴れるんだった;。血圧低下どころでないことになってます。今が春先でなければ凌げるレベルでしょうが、流石に時期が悪い。長期服用で安定する部分に含まれない相性なので、ちょっとまずそう。

 どうするべきだろう、新しい薬で危険な目に遭うのもわりと怖いけど、既存の薬に手駒がもうほぼない。(薬の名前は数あれど、元を正せば主成分の種類はそう多くない)心臓のリスクを負ってでも精神を安定させるか、それとも逆をとるか。次の通院は26日。それまで判断に迷いそうです。朝夕だから朝だけに減らそうかな…。たぶんテルネリンとの衝突の影響もある気がするので、テルネリンを切ってみるのも手だけど、それやると頚椎痛でもう動けない気がする。

 過去にもあった症例なので苦しいわりに落ち着いているけど、これがもたらす二次的な人体への影響についてはいまだ未知なので、怖いっちゃ怖いです。

|

« 久々の抗鬱剤の効果モード | トップページ | 部屋が暑すぎです先生モード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95939/9581560

この記事へのトラックバック一覧です: わりと致命的なうっかりモード:

« 久々の抗鬱剤の効果モード | トップページ | 部屋が暑すぎです先生モード »