« なんだかローゼンメイデンな気分なのモード | トップページ | ぬまにゃんは自らの所持品に恐怖した、モード »

2006年3月 6日 (月)

皆が首をかしげるガスイーターモード

 やっとでビートの二回目の給油が済んで、燃費の計算ができたのですが…。
 11.56km/L。
 な、なんですとー!?

 いや、マフラー変えるとこんなもんなのかもなぁって思いながらとりあえずカプ乗りのおともだちに聞いたら「それちょっと悪いのと違う?」という返答で、さらに今日WALKさんに相談に言ったら開口一番「(燃費)悪いね;」と言われまして(^^;。
 原因は不明です。ただ、フュエルメーターの動きが怪しい、マフラーまわりにすすが多い、ビートなのに坂道5速で踏み増しの必要ない(笑)など、要因に結びつくことはいくつかあります。よくわからないのでWALKさんで見てもらうことになりましたが、ビートの病気の1つであるコンデンサーポックリ病対策を前のオーナーさんがメンテで対策品にしたと伝え聞いてて、もしかしたらCPU開けるついでに燃調いじっちゃったんではないかなぁと。うーむ(^^;。
 あ、でもパワーフィールはものすごくいいです。ビートとは思えない(笑)。3Lクラスのセダンが本気で加速するとこについてけるもんなぁ。

 そうそう、iの試乗をしてきました。4WDだったので、MRっぽさを味わうことはできませんでしたが、操舵輪にもトルクが乗ってるせいか、よくレビューで見るようなステアリングの妙な軽さはありませんでした。タイヤサイズも寄与してると思うのですが、まずまずの節度がある重さで、妥協ラインよりはずっと手前です。ATのフィーリングもいいし、エンジンの性能も十分すぎるほど。ただ、シーケンシャルモードがあればもっと良かったかなと。(無論、MTがあればなおいいわけですが、そこまで言うと「このシャシでスポーツカーを」と思えてしまうのでそれはまた別な話ということで)
 コースがあまり芳しくなかったので高速スラロームをかけたりはできなかったわけですが、ハンドリングの繊細さは流石。交差点や大きめのコーナーでも脚の抑えはきちんとしています。スタッドレスでもそのレベルですから、夏タイヤだとさらに良くなりそう。ブレーキは軽め、制動力は十分。軽めのペダルですがコントローラブルです。
 各々のシートの広さは満足行くものでしたが、ちょっと残念だったのは背もたれが固かったこと。もう少しいいシートだとツアラーとしても十分機能しそうだったのですが。とはいえインテリアの作りは(シート以外は)昨今の1.3L以下の白ナンバーの基準はきっちり満たしてる感じで。値の張る車ですが、値段相応の装備は持ってます。たぶん動力性能的には十分1.3Lクラスと競える筈。
 アイポイントが高いのはシート下に燃料タンクがあるから、とのことで仕方ないとして(アイポイント上がって不安が出るような動作はしませんし)、できればステアリングにチルト機能が欲しかったなぁと。注文つけるとしたらシートとATのシーケンシャルモード、そしてステアリングのチルト、今のところその3点くらいです。価格相応の性能は持つ車だと思いました。
 とても落ち着いた車です。シートバックの中心だけもう少し柔らかくするだけでずっと良くなると思われます。マイナーチェンジが楽しみな車かな。おおまかに言うと「完成度がそれなりに高いだけに逆にアラが際立ってしまう」という勿体無いタイプの車です(こういうのはよくある)。ツッコミ所はあるけれどそこらの車よりずっといい、と言い換えることも可能。
 にしても、三菱がもっと元気なら、これベースの2シータースポーツを望むところなのですが。ビートを超える車を作る可能性がある会社は、このシャシ、このエンジンとピニンファリーナとのコネクションという3つの大きな武器を持つ三菱だけだと思います。味付けのセンスもいいし、アグレッシブなデザインも期待できるし、やってくれないかなー。あのエンジンは4ATとの組み合わせだけじゃちょっと勿体無い気がします。

|

« なんだかローゼンメイデンな気分なのモード | トップページ | ぬまにゃんは自らの所持品に恐怖した、モード »

コメント

後ろにエンジンがあると冬道で滑って
大変だという説を聞いたんですが、果たして本当なのかなぁ。
こっちでは一台、路上で見かけましたよ。

投稿: かずたろ | 2006年3月 7日 (火) 10時51分

ビートもミッドシップですが、比較的まっすぐ走りますヨ。むしろ軽量なFRが大変だそうです。カプチーノとか。駆動輪に荷重かからないので、ぜんぜん前に進めないんだとか。>@雪道

冬道で一番滑るの実は4WDなのですけどね(笑)。滑っても無理矢理で進めるというだけで、安定はしないんですよねー。

あ、でも確かに、後ろエンジン故に大きくリヤが振り出されると復帰が難しいというのはあります。小さく出てるうちはカウンターしやすいので、かえって運転しやすいのですが。そのへん、馬力で無理矢理前に進んでアンダー出すと壁まっしぐらなFFとすっかり逆ですね。

投稿: ぬまにゃん | 2006年3月12日 (日) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95939/8976335

この記事へのトラックバック一覧です: 皆が首をかしげるガスイーターモード:

« なんだかローゼンメイデンな気分なのモード | トップページ | ぬまにゃんは自らの所持品に恐怖した、モード »