« おさいふにあながあいたかのようなモード | トップページ | 病院行ったり確定申告したりモード »

2006年3月14日 (火)

ふと思ったことモード

 たまたま見たBLACK CATがちょっと面白かったので、最初から見なかったのを後悔。さておき、ファーストガンダムの映像を見て、ザクを融合炉付近でビームサーベルで斬っちゃってるガンダムを見て「ヲイヲイそりゃいくらなんでも誘爆だろ」とか思ったりしてたさっきまでの私なわけですが、不意に思ってしまいました。

「でもなぁ、融合炉の誘爆とかって、つまるところ後付け設定だよなぁ」と。
 ドダイYSあたりがMS乗せて半重力の技術もなしに飛べるわけないとか、ツッコミ所山ほどある中で、別に融合炉だミノフスキーだって部分だけツッコミ入れてもしゃあないんじゃないかと。

 つまるところ映像作品ってのは総監督さん(原作者さんではなさそうだ)の「nのフィールド※」みたいなもので、内的空間なのだから、とりあえず対面気にして理詰めしすぎる必要ってあんましないんじゃないのかなと。昨今のヲタクの皆さんは頭が良くてツッコミが大好きだから、いろいろツッコミ入れたがるけど、そういった部分に対する釘刺しを気にしすぎると作り手のイマジネーションが狭くなるし、そこが主題ではない部分に注力して、逆につつかせるのもどうだろうとも思うし、物語としてどうでもいい部分つついて「おかしい」と言う手合いには、「はいはい、あんたはえれーよ」の一言で済ませちゃってもいいんじゃないかとか思ったりもするのでした。今までさんざんガンダムつついて今更私が吐く言葉じゃないかもしれませんが(笑)。

 広く見渡すと、あんましそういうの考えすぎないでやってる作品の方が、実は面白いよね。理詰めの作品ってのはなんてのかな、よく言えば作り手からの挑戦、悪く言えばヲタに中途半端にケンカ売ってるような気がしてどうも。ガンダムもSEED以降に至っては「いくらなんでもそりゃなかろう」の世界なわけですが、それよりなおあれは監督の人間性の安っぽさの方が余程難点だと思うし(笑)。

 というわけで肩の力を抜いて作品を楽しみつつ、肩の力を抜いて創作しようと思った次第です。ま、つまらんもんはどうしたって自分にとってはつまらんという点において、これは全く影響のない思想かもしれませんけどねー。

※ローゼンメイデン参照。

|

« おさいふにあながあいたかのようなモード | トップページ | 病院行ったり確定申告したりモード »

コメント

是非「魔弾戦記リュウケンドー」をおすすめしたい
(´ヮ`*)特撮ですが

投稿: LAY | 2006年3月15日 (水) 00時16分

私は衛星経由の番組しか視聴してないので、残念ながらリュウケンドーは未見です。
やってるのにGAROとかも見てないし。
最近見てる特撮はセイザーXくらいですな。
レインボーマンを折角やってるのに時間がよろしくなくて残念ながら追えてません(笑)。昔の特撮の主人公の奇行にはびっくりするものがありますな。

投稿: ぬまにゃん | 2006年3月16日 (木) 23時23分

つっこみ所をどのレベルにして視聴するか、が大切だとおもいます。
ガンダムはトリコロールカラーとかガウどうやって降ろしたんだろとかそういうのは気にしません。Gガンダムに科学的ツッコミを入れても始まりませんし、「2001年宇宙の旅」や航空宇宙軍史なら軌道方程式のレベルでツッコミが入ります。ニーヴンに至っては自分の世界にツッコミが入るたびにそれをネタにした新作作ってますし。
「炉の爆発」については、F91・V以降総監督が急に地球を汚染してすげぇ爆発して、と路線変更した(ジーンのザクがコロニーの外壁ぶち抜いたりドムがキノコ雲になったりしてるのに)ことは統一した世界観に関して問題があると思います。
種の場合ストーリーの破綻もさることながら、設定がザルなのに「こんなに設定したんだよボクって頭いいでしょ」とそのザルを前面に出すのが鼻につくのだと考えています。

投稿: なかた | 2006年3月18日 (土) 21時48分

なるほど種のアクのような不快な苦味はそこらへんですか。えらい納得できてしまった(^^;。六角くんと話した範囲でももう、実は負け戦だったとかガンダム出すぎとか、引き立て役がいないとか(好きに自己主張する連中ばかりで主人公不在、全員脇役)なんというか「バンダイの意向を100%重視してみました」的な嫌味ったらしさがなんとも言えませんです。

投稿: ぬまにゃん | 2006年3月18日 (土) 21時58分

なにしろニュートロンジャマーで核分裂が禁止された世界なのであの戦艦核パルスエンジンで動いているんでっせ。核パルスエンジン自体は古典的アイデアだがコレ「超小型純粋水爆の連続爆発」で推進するという代物。あの世界は核融合は開発失敗しているらしいのでここまではいい。だが、そんなもんで水上を滑走されちゃ困る。
艦首ナントカ砲が地球では「地上への汚染が大きいから使っちゃダメ」って、あんた1話でコロニー内でぶっ放してるでしょうが、とか艦の対空砲火とMSの頭部ガトリングが同じ規格という設定だがそれなら頭部ガトリングでMS落とせるだろう、とか「偉そぶってるのにボロが多い」というのがマズイです。「科学的考証してないが偉そぶってない(Gガン等)」「考証した上でそれを正面から自慢しない展開(ニーヴン、航空宇宙軍史、ぱにぽにだっしゅ(?))」などはツッコミも明るい知的ゲームとして楽しめるんですが。

投稿: なかた | 2006年3月18日 (土) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95939/9093122

この記事へのトラックバック一覧です: ふと思ったことモード:

« おさいふにあながあいたかのようなモード | トップページ | 病院行ったり確定申告したりモード »