« うたた寝の恐怖モード | トップページ | 携帯とメモリカードの不思議モード »

2006年1月 7日 (土)

業績はなんだがサンヨーは凄いモード

 サンヨーの業績がひどくまずい事になっているのは皆さんご承知の事かと思いますが、それとは関係無くサンヨーという会社を牽引している部門があります。それは充電池。二次電池とも呼ぶアレです。カドニカという名前を聞けばもうニッカド充電池の代名詞みたいに感じる世代の方も多いと思いますが、AA(単三)ニッケル水素充電池も凄い事になっちゃってます。

 昨年前半は2500mAh(min.2300mAh)のものを売っていましたが、昨年後半からは2700mAh(min.2500mAh)のものにシフトしています。ニッケル水素が流行り出した頃は1500mAhで、きわめて自然放電しやすいという特性がありました。正直これならアルカリ電池かなーと地球に優しくない事も考えた程です。しかし昨年あたりからのものは自然放電にも強く、スタミナ的にもデジカメ等でかなり負荷をかけてもせいぜい交換は1日1セット(4本)程度と、かなり持つようになりました。最近のデジカメを人に勧める時、乾電池式しか勧めていないのはこのニッケル水素電池の進化に由来します。正直リチウムイオンよりコストパフォーマンスだけでなくスタミナも信頼性もずっと上です。少なくともサンヨーのものは。
 2700mAhを達成しているのはサンヨーだけで、パナはまだ2600、ソニーが2500のままだった筈。このあたり流石明確に「充電池屋」なだけのことはあると思います。充電機もよくできていて、高容量化にも関わらず充電時間はさほど変わらないか短くなっています。とりあえず使い勝手はとてもいいです。恐らく今年中には3000mAhを達成してしまうのでは。そうなると当初の倍の容量になります。他、サンヨーのものは2本単位で青と白に色分けしてパッケージ化しているなど、独自の工夫があります。

 また、面白い新型ニッケル水素電池も最近発表しました。トップのAmazonのリンクにも出していますが、「eneloop」という電池です。なんとこの電池、充電池であるにも関わらず、最初から充電された状態で出荷されています。ようは買ってしまえばすぐ電池として使える体裁になっているわけです。従来の電池では自然放電という概念があったため不可能な流通方法でしたが、eneloopは確か半年以上の放置でも充電量のわずか5%程度しか放電しないという、常識やぶりの「保存の効く充電池」なのです。充電機は従来のものがそのまま使用可能。容量は2000mAhと控えめですが、その分価格も安いです。パッケージは2本・4本・8本のものがあり、充電機つきのものもあります。リモコンや無線コントローラー・マウスなどの電池に最適かもしれません。

 これほどの技術を誇る会社なだけに、潰れてほしくないなぁという気持ちが強いです。サンヨーの機械はなにげに携帯電話などITモノもよくできており、もうちょっと普及してくれれば、という気持ちは強いです。
 とりあえず、AAの電池を多用される方にはサンヨーを推します。他社も使いましたがやはり信頼性で一番です。

|

« うたた寝の恐怖モード | トップページ | 携帯とメモリカードの不思議モード »

コメント

エネループは専用充電器の単3モデルが2本用しかないのをはやくなんとかしろ、とおもいまちた。
まあ在来充電器でも充電できるらしいけど。

あとサンヨーは実はデジカメ生産量がムチャクチャ多いです。あっちゃこっちゃのOEMやってるもんで。

投稿: なかた@T | 2006年1月 7日 (土) 02時09分

できるらしいどころか推奨品です>従来品充電器 従来品のハイエンドの方が高速だしリフレッシュまでできます。必要なさそうですが。(でもうちで使ってるのはソレ)本筋のニッケル水素もどんどん電池がアップグレードされていますが推奨充電器はある時期から変更されてません。

添付充電器が2本単位なのは、電池それ自体が2本単位で使われることを前提にしているのだと思います。4セル扱うようなものは大容量のモデルを使うべきであると。棲み分けでは。
どのみち自然放電ほとんどしないのだし、無理に4セル高速充電器つけて単価上げることはないと思います。そのうち出るでしょうけど。

デジカメの商標を握ってるだけあって生産量多いのは既知ですが、最近性能的にメリットが薄れたのが残念なとこです(自社製品において)。ここも頑張って欲しいところ。

投稿: ぬまにゃん | 2006年1月 7日 (土) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95939/8039339

この記事へのトラックバック一覧です: 業績はなんだがサンヨーは凄いモード:

« うたた寝の恐怖モード | トップページ | 携帯とメモリカードの不思議モード »