« タイト村長の原稿の現物を確認モード | トップページ | 流通の主従関係というやつ・モード »

2006年1月12日 (木)

僕が本当に欲しかった車・モード

 野郎ドモ!今日はPGR3の発売日ですの!まだ買ってないとかいうニンゲン(ドライブゲーマー限定)はとっとと買いに行きやがれですの!←翠星石の声で

 珍しくAmazonの荷物が発売日の午前中に超特急で届いたので(雪で配達困難な筈なのに、逆に真面目に仕事してる気がする最近のペリカン便)、早速やってみました。
 で、話には聞いていたけど、遊んでみてお金が溜まり、要素のアンロックが進むにつれてPGRが3になって特化した部分が気になってきてしまいました。「いわゆるスーパーカーだけが参戦を許された、超上級車80台対決」。見た範囲で4人がまともに乗れるのはベントレーのコンチネンタルGTだけで、他は2シーター。しかもドア枚数は2枚以下。で、一番安い車がアリエルアトム(笑)。ベース車が一番安いと思しいのはR34Rのメーカー最終型であるVspecIINur←ウムラウト略・で、一番最初に買うあたりがNSXのGT選手権向けライトチューン仕様(GTウイングついてて360馬力だかそれ以上)くらいという、まあご予算1千万あたりからスタートという世界で。
 出てくる車は凄いです。BMWのM系が出てこないというかBMWがマクラーレンF1しかなかったり、アウディRS系が収録されてないのはポリシーだろうとはいえ不満ですが、それにしたってとんでもない車ばっかり収録されてます。で、カテゴリー分けをしてあるわけですが、高価な車が高カテゴリーというわけではなく、価格と全く別に実際の動力性能でカテゴライズされているところが面白かったりします。馬鹿高いメルセデスSLRマクラーレンがカテゴリーCだったり、逆にそんな高くないアリエルアトムのスーパーチャージャー仕様がカテゴリーA(トップクラス;)だったり。このシニカルかつ現実的な設定は面白かったんですが、いざゲームを始めると…最初に買ったNSXと、次に買ったアリエルアトムだけで購買意欲が止まってしまいました。購入前に試乗ができるんですが、そこで走ってみると「ああ、駄目だ、これはぜんぜん合わない」とか「これはまずまずしっくり来るけど…うーん」とかいろいろ悩んじゃって、結局買わないんですよ(^^;。突き詰めると直線主体用とコーナリング主体用の車は両方持つべきですし、このゲームにはKudosシステムがありますからドリフトマシンも必須になります。でも…なんか。あまりに私の目線から離れた車ばかりで(半端に車に首突っ込みすぎたかなぁ)PGR2の頃のように自分がハンドルを握ったことのある愛着ある車種を買うような遊び方ができなくなっちゃってるんです。それが寂しい。せめてTTクワトロスポーツを入れてもらえなかったかなぁと…。
 ぶっちゃけ現実においてはお金あったとしてもスーパーカーは欲しくない人なので、ハイパフォーマンス車並べられてもそれこそアトムとかケーニグゼグCCとか、ああいうごく一部の変な車くらいしか興味をそそられなかったりするわけです。うーん;なんとも。このゲームに出てくるようなエキセントリックな車は、たまに実物見たり、間違ってたまに乗る機会を得ちゃったりする程度がいいんだよ、と思います。
 現実的ラインでポルシェに期待したら本家のモデル入ってないし;(Rufだけ・9ffではない(^^;)ああもう。この悲しい気持ちをどこにぶつけたものやら。

 グラフィックは文句なしです。対戦でのフレーム飛びを抑えつつ背景と車を描き込みまくるためにフレームレートは相変わらず30fpsです。賛否ありますが私はこれでもOK。リッジは対戦でフレーム飛びまくるからね~。確かに60fpsは綺麗だけど。ネット対戦が絡むと、回線品質という越えがたい壁が発生することはもうとっくに既知の事で、現行のインフラでは例えばこの360の10倍のスペックの機種があったとしてもフレームレートの判断についてはネット対戦絡めるなら多分30固定にする会社が多い気がします。「60fpsデフォでしょ、PS3は絶対そうなるよ」とか言ってる馬鹿は首を鉈で落として生ゴミの日に出して下さい。

 サウンドが…。サラウンドエンジンの設定が良く、環境音と効果音だけで遊ぶといいんですが、ウリだったラジオDJシステムなくなっちゃったし、選曲も駄目。ここは正直つまらないので(まあ納期の都合なんだろうなぁ…)360に音楽取り込んでない現状、音楽は切ってます。

 正直、2の出来を期待して買うと少しがっかりするかも。決して出来が悪いということではなく(例えばこれがある以上今年この時点で他機種の車ゲーは勧めないし)、車を動かすこと、実在の場所を走ることの歓びには満ちているんですが、経済的側面というかポリシー的側面で現実と交差しない部分がありそこが残念、というだけです。フェラーリとか何の抵抗もなく買う人あたりには手放しでオススメですが。そうだなぁ、この違和感を一言で言うなら「ジャミロクワイ的成金趣味」とでも言うのかな(笑)。

 新宿のコースがアジアで唯一収録されてるので日本に媚びてるかと思いきや、ローディング画面で入るテクニック説明に、ハングルも広東語もあるのに日本語がありません。XBOX360が世界で唯一日本だけで余ってて、クリスマスシーズンに日本来た外国人ゲーマーが全員呆れたり買って帰ってオークション出してボロ儲けしたりとかいう話を聞きましたが、日本のゲーマーは一部を除いて鎖国文化に陥っちゃったせいで、世界中のゲーマーさんからつまはじきになってるようです。
 いいものをいいと認められない超保守的な側面が世界レベルで浮き彫りになった形で。この点についてのみ論ずるなら日本のネットワーカーは民度という言葉を(主に東アジアに対して)好んで使いますが、日本人の民度もたいしたことはないです。

 iPodと同列の「ジャンル代表名詞」になったXBOXが馬鹿にされてる国。
 頭を抱えるばかりです…;

※どうでもいい情報:昨年最後に買ったソフトは日本仕様でも動く北米版XBOXのソフトでした。(カプコンクラシックコレクション1)

 しかしまあネットに繫がっていないと魅力が十分に伝わらないハードなのも確かだし、店頭でもだとワイヤードコントローラーなのであの素晴らしい操作性が損なわれてるのは残念です。買わないとわからない出来の良さってのがどうもね…
 買ってネットに繋げれば、LIVEアーケード(ゲームの有料ダウンロードサービス)のゲームの体験版だけでも時間潰しできるし、最初からソフト1本入ってるし、今なら無料でヴァナディール全域行けるし(笑)、いいものなんですけどねぇ…。いろいろ残念です。(ハードディスクを内蔵としなかったのは、可搬性考慮したんですねあれ。今頃気づいて自分を恥じました。確かにあの方が便利)

 とりあえず現状搭載するドライブの実物すら存在しない(本当・だから民生用再生専用機の価格が発表できない>ブルーレイ)PS3を待つくらいなら、ゲームが好きならさっくりこっちを買うべきだと思うんですが。HD-DVDの再生専用機の廉価機が6万もすることに驚いたのですが、ブルーレイ陣営はその値段で出せる事に驚いたそうで。あんたらPS3一体いくらで売る気だったの?と。ついでに言うと現状最速でも年末になりそうという推測が大半です。私は年内ないと思ってます。この調子だと先にレボ出ちゃうんじゃない?くらいに思い始めましたが(苦笑)。で、仕上がってくるものはドライブ除けば360と贔屓目に見ても大差ないのが既にわかってるわけで。
 現実見てね>日本のゲームメーカーさん及びゲームユーザーさん
 旧機種を使い続ける事に関しては全く異論ないですが。あと携帯機にシフトすることについても。少なくともコンソールに対する認識は再考すべき。

|

« タイト村長の原稿の現物を確認モード | トップページ | 流通の主従関係というやつ・モード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95939/8133189

この記事へのトラックバック一覧です: 僕が本当に欲しかった車・モード:

« タイト村長の原稿の現物を確認モード | トップページ | 流通の主従関係というやつ・モード »