« ぬまにゃん速報モード | トップページ | がんばりぞんモード »

2005年12月 1日 (木)

いろいろトドイターモード

 ネット通販で買ったりオークションで落札したりしたものがまとめて届きました。

○ガーバー DXユーティリティークリッパー
 超有名なナイフメーカーであるところのガーバー社の58mmマルチツール。
 ヴィクトリノックスの小型モデルを完全ステンレスにして、ど真ん中に爪切りを入れたものだと考えるとよろしいです。爪切りの角度のつき方と切れ味が絶妙で、実は落札後今日までずっと爪を伸ばしてたのですが、「うお、なんだこりゃ!こんなに気持ちよく爪切ったことねえ!」という感じで切れました。深爪しそうな危なっかしさもぜんぜん無しです。これはよきもの。他のツールは、ナイフとハサミは未検証ですがヴィクトリノックスのものと同程度な感じ、ヤスリは流石爪切りのオマケだけあって非常によく削れるもの。ヤスリの先端にマイナスドライバーですがこれはもう少し幅が狭いと良かったかも。

 今はキーホルダーにヴィクトリノックスのシグネチャーライト(スペースペン+LED)を下げてますが、取り替えるかも。

○コールドスティール ククリマシェッテ(×2)
 コールドスティールの作業刀シリーズの中で、日本の銃刀法でOKで形がマトモな数少ないモデル。ユーティリティクリッパーのついでに、ヤフオクのナイフ商であるHさんにお願いして2本まとめて仕入れたもの。出荷状態ではブレード全体まるごと(刃まで)エポキシコーティングしてあるので無害。ただ、カーボンVではないにせよ炭素鋼ブレードなので、鎌砥石などで刃入れをするとかなりいいものになるらしい(ただし、なめらかな曲線を描くブレードなので砥ぐのは相当難しそう)。藪に入るのは来年の春、渓流が解禁になった頃だと思われるので、錆を防ぐためそれまでは砥がない予定。2本あるのは、前年の枯れ藪を一方から薙いでも単に倒れるだけでまたすぐ戻るため。ハサミの要領で藪を刈る。
(極限まで砥いで免許皆伝ばりの腕で振れば、そういった藪も片側から斬れるのだろうけど、作業刀にそこまでの刃を入れるのは変だし(^^;、砥ぐ腕も斬る腕もない。だいいち鉈は農耕具の類である。過剰に刃入れをして寿命を縮めるのはまぬけのすること)

○Amazonに頼んでいた書籍類
 トップページのリンクに出てるマールカラー文庫3冊と、「もうすこしがんばりましょう 2」の4冊。後者は声出して笑ってしまひました。キャラは増えたものの出番が減るキャラが出るという、ビギナーまんが家さんにありがちな状態になっている点についてはあえて目を瞑る(笑)。

○Adobe Acrobat Elements 7.0
 まだ開封してないです。出力結果がまともだといいなぁ。とりあえず今入ってる5.0をアンインストールしよう。これで駄目なら他社製品(ぉ。

○PSP用シリコンスキン(N夜光仕様)
 結局頓挫した「電池によるUSBバスパワー供給でPSPとDSと携帯を充電プロジェクト」で使用したUSBバスパワーユニット、実は90日の返品保証がついており、ロワジャパンさんが快く返品に応じて下さったので、ならばと返金分から注文させてもらったもの。
 思ってたより分厚いのでボタンが押しづらいため、ビデオや音楽ファイルの視聴時に用途が限定されそうだけど、へんな歪みもなく見事にぴちっと収まってるし頑丈なので安心感は強いです。でもってN夜光なので暗闇で意味も無くぼんやり光ります(笑)。ボタン部分だけ切り抜いちゃってもいいかもとちょっと思いました。そうすれば完璧。しくっても千円しないものだし。

 といったところです。次は10日あたりからぞろぞろ届く予定。コワーw。
 コミケの帰りの新幹線の切符の予約ができたので、行きのバスともども切符買ってこないと。出費の嵐であります(/_;)。

|

« ぬまにゃん速報モード | トップページ | がんばりぞんモード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ぬまにゃん速報モード | トップページ | がんばりぞんモード »