« BJPMにハマりそうですモード | トップページ | 持ち物を軽くするのが苦手モード »

2005年10月25日 (火)

BJPMにビックリモード

 お出掛けついでにダイソーでニッパーとやすりを買ってきたんですが(あ、箱忘れた)、他の機体を開封してみて恐るべきことに気づきました。

 ガンシェルドールズは2枚のランナーで構成されているのですが、実はこのシリーズ1は、P0ランナー+P1orP2orC1orC2ランナーのいずれかのランナーで構成されてます。ようするに商品バリエーション4つです。

 機体は6種。あれ?と思うわけですが、実は「ウインブレイド/ダガーヘッド」「雲龍角/百鬼丸」は同じ商品の説明書・成型色違いです。ぜんぜん気づきませんでした;まさに商品コンセプト通り「上手く使えばオリジナルも自由自在だよ」というコンセプトなわけです。ダガーヘッドは部品余るよなぁと思ってましたが、余るどころかウインブレイドでも組めるわけですよ(笑)。一応P1/P2ランナーはそれぞれ4色あるので(機体バリエーション×色バリエーション)、狙った機体の別色を作ることも可能です。P0ランナーは6色。これは基本4色+ギャル系用の2色が入るためです。ギャル系(マーチュアリ/ハニエル)はC1/C2ランナーで、成型色の組み合わせは同じ(2色)。P0ランナーがついてくる点も共通です。マーチュアリはC1+P0で完成ですが、ハニエル自体はC2単体で完成するので、P0で作れるオプションの「アストラル・カット」の設計図つきです。とりあえず、1度購入したものの説明書は取っておけば、仮にだぶっても同系統の機体は作れることになります。

 そしてカートンあたり1個ずつしかないハニエル/マーチュアリはヤフオクで案の定高騰中(笑)。実はカートンのどのへんに入ってるかある程度規則性があって、カートン開けた直後なら…モゴモゴw。

|

« BJPMにハマりそうですモード | トップページ | 持ち物を軽くするのが苦手モード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« BJPMにハマりそうですモード | トップページ | 持ち物を軽くするのが苦手モード »