« メロキュア・最後の曲モード | トップページ | 次世代機事情・どうもおかしいモード »

2005年7月10日 (日)

なかなか手強い、モード

 PSPのコーデッドアームズですが、2層目まずCITYに潜り始め、「底まで抜けた者はいない」の意味を地の底で知りました。なるほど、あれは厳しいな。でも勝てない相手じゃない。まだ装備は不足だけれど。とりあえず一時撤退し、よく使う武器のランクを地道に上げていくことに。他のゲームだとこういう稼ぎ的な事は作業になり退屈だけど、コーデッドアームズはランダムダンジョンなので、同じ層同じステージでも飽きません。武器が成長すればその分効率も上がるし。装備も増えてきて、どの展開でどんな武器がいいかをきちんと考えるようになってきました。なかなかマジになります。部屋の仕切りを上手に使って「1対多数」を乗り切るわけですが、ゲートキーパーという次フロアへの入り口への鍵を持った敵はなかなか手強く、使ってくる武装によってこっちも対処をいろいろ考えさせられます。弾数が限られてるので、道中いい武器で楽をすると終盤に響きます。本当にやばい時に使う武器は確保しておく必要があるわけですな。

 武器は即時選択可能なものは5種ですが、そうでないものとの入れ替えはいつでもできるので、面倒くさがらずに適材適所な使い方をしていくのがいいようです。ただ、武器のレベル上げはフラットにやるよりは要点武器を重視した方がいい気が、いまのところしていますが。まだちょっと模索中です。このへんHALOより自由度高いですが、HALOは弾薬尽きても最悪格闘で抜けられるんで、そこらへん大分違いますね。コーデッドアームズは格闘ができません。(そのうちできるようになるかもしれないけれど)

 にしても2層でこの手ごたえかぁ。遊ばせるなぁ。いい買い物をした気がします。

|

« メロキュア・最後の曲モード | トップページ | 次世代機事情・どうもおかしいモード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95939/4911775

この記事へのトラックバック一覧です: なかなか手強い、モード:

« メロキュア・最後の曲モード | トップページ | 次世代機事情・どうもおかしいモード »