« 番組表見て吹いた、モード | トップページ | またまた視覚系新技術モード »

2005年7月14日 (木)

何に使うのかと問われると困るけど、モード

関連リンク: 富士通、電力なしで表示を維持できる曲がるカラー電子ペーパーを開発.

 面白いですね、これ。フィルム状になっていて曲げられるという事より、メモリ性があるので一度書き換えれば電源切ってても表示が出たままというのが凄く目新しいです。発光体じゃないから目にも優しい印象あるし。微弱な電波エネルギーでしかも無線で書き換え可能ということで、電子ポスターやステッカーみたいなものができると楽しそう。そのうちレースカーとかで、ボディ全体をこの電子ペーパーでコートして、走っている最中に全く別の姿に変わる車、なんてのも出てくるかもしれないですよね。そうすると複数広告を取れるわけで、アドビジネスとしてのプロレースというものに拍車がかかるかも。問題は耐候性か。耐久性と寿命もだけど。

 名刺はデータ転送になっちゃう時代も来るかもですねー。
 デジカメ登場時の「撮って消せるのインパクト」に近いものを感じます。一定の大きさの地図とか、ハンディGPSとデータユニットとのリンクをする仕様で作れば、携帯のナビよか役立ちそうです。

 いろいろ示唆があって面白い技術ですね。

|

« 番組表見て吹いた、モード | トップページ | またまた視覚系新技術モード »

コメント

 リンク先見る前の印象が
「これで未来忍者マップがー」
でしたw

受信した上で表示出来るとなると
応用的にはペンタブ(メモ帖)みたいにも
使える様になるのかな?
ともあれ早く民レベルになって欲しい技術。

もう3年くらい早ければ平成カードライダーも
変わってたかもねぇ(そうでもない。

投稿: ct | 2005年7月14日 (木) 23時12分

今でもレーザーで焼き込みするカードとかはあるわけですが、それとはもう比較になりませんな。Felica技術との組み合わせで、直前にお買い物をしたお店のカード柄になるとか、迷惑そうで面白いかも(笑)。

投稿: ぬまにゃん | 2005年7月15日 (金) 02時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何に使うのかと問われると困るけど、モード:

« 番組表見て吹いた、モード | トップページ | またまた視覚系新技術モード »