« お話にならないSEGAlinkモード | トップページ | ディスコ3は化け物かッ!モード »

2005年6月 9日 (木)

StepWgn vs セレナモード

 先に実物を見たのはセレナで、もんのすごいユーティリティに感動したのですが、実はStepWgnも似たようなものでした。ほとんど同じ事ができますが、シートアレンジのフレキシビリティはセレナが上、前列ウォークスルーの広さもセレナが上、ただし各種シート操作の簡単さはStepWgnが上です。ってゆうかシート以外のマンマシンインタフェースの部分は圧倒的にすStepWgnが優れてます。ただ、セレナのシートが柔らかいのに対して、StepWgnのシートは固すぎです。正直疲れます。

 StepWgnは新しい示唆を前列において多数行っていて非常に好感が持てました。車高低いんですけど、座面高いんですよ。凄く。だもんでアイポイント高いんですが、ヘッドクリアランスは十二分にあり、その上でグラスエリアが低いので、ものすごい見下ろし感があるんです。あれが非常に面白い。シートの悪さで体は疲れるけど、「乗り物を動かしている面白さ」では過去に存在しなかった方向性で、非常に面白いです。で、相変わらず変わったメーターをやってくるんですが、今回なんと端から端まで全部デジタルメーターで繋がってます。運転席前にはスピード/回転計、中央付近に燃料距離、左にエアコンデータだったかな?閲覧性は非常に良く、どちらからでも全てのデータが見えます。また、エリシオンよろしくインターナビの画面がでかく、とても見やすいです。カーウイングスの売りだった走行地点表示がインターナビにもつきました(ちゃんとアンケートの意見取り入れてるのね>ホンダ)あと、天井ですが、あえて透明硝子にせずに障子のように半透明な採光になってます。あれウッドデッキと組み合わせるとえらい上品だろうなぁ。
 足が固いのがちと残念でした。シートの固さとダブルダメージ。しかしまあ試乗車は2Lの4ATのわりに随分良く走りました。例の2.4LとCVTの組み合わせもアリだそうで、そっちは全くストレスなく走ることでしょう。ブレーキのタッチがスポーティで好みです。マイチェンでシートとサスが改善されることを望みます。

 セレナはまあ…普通の車です。乗り心地は流石「ミニエルグランド」と呼ばれるだけあり疲れ知らずですが、クルーズするにはステアが緩すぎる気も若干しました。こちらも視野は広いのですが、StepWgnが良すぎるので残念ながら、です。インターフェースも極めて凡庸。カーウイングスの取り得はインターナビの改善で左Fのカメラだけになっちゃいました。加速はまずまず、ブレーキでよれます。足が適度にやわいのはいいけど、少し反応が遅くてアクティブセーフティの観点で不満残ったなー。

 外観ですが、セレナもいいんですよ。最近の日産で一番グリルまともかも。かっこいい。
 一方StepWgnは前もちょっと変わってますが後ろのフィニッシュを縦軸から横軸に方針転換しまして、インパネの横軸の連続性と印象が統一されている感じがあって良いです。どちらの車もリヤハッチは電動が選べて、しかも荷台の位置はかなり低く取ってあるので頑張ってるなぁと思いました。

 というわけで対決の結果ですが、StepWgnに軍配を上げておきます。いや、現状はセレナの方がずっと乗り心地いいです。でも、セレナはあれ以上良くなりません。残念ながら。StepWgnは小改良でずっと良くなる可能性をまだ残してるので、先を見越してStepWgn押しとしておきます。なにより気に入ったのは、明らかに前席で運転する人の精神的開放感を重視したコンセプトです。運転手さんに優しい車ってのはいいですよ。
 ちなみに2列目以降の横Gの出方はどっちも同じような感じです。

|

« お話にならないSEGAlinkモード | トップページ | ディスコ3は化け物かッ!モード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95939/4483437

この記事へのトラックバック一覧です: StepWgn vs セレナモード:

« お話にならないSEGAlinkモード | トップページ | ディスコ3は化け物かッ!モード »