« 今月のスカパー(1)モード | トップページ | 連鎖的出費への踏み台モード »

2005年6月 5日 (日)

届きましたモード

 納期5日と言ってたヤマダから連絡なかったのでつついたらもう届いてますすみませんとのことだったので(これだからヤマダは;)早速取りに行ってきました。みちみち他店でスペアのサンヨーのニッケル水素電池4本と小型三脚(とついでなのでLANケーブル)を購入。
 そんなわけで5月11日にQV-R61、同30日にPowerShotS1IS(届いたの6月4日)と、一ヶ月で新品のデジカメを2台買うという暴挙をやってしまいました(^^;。

 今のところ使い勝手の様子を見ているところですが、取り回しはまあキヤノンらしいなぁという感じ。PowerShotなのでガワが完全に樹脂なのがちょい怖いですが。やわらかめ。写りのクセはもう、色艶の出方がもう派手で(笑)、流石DiGICエンジンだと思いました。

 そんなわけで自宅現存デジカメ揃い踏みモード。
 上列左からS1IS、G1、EX-M1、R61.手前がCAMEDIA C2040Zです。
 ほんとはこれにEOSKISSDigital初代が加わるのですが。
 上列が私の持ち物です。

 しかし実はC2040Zを親父に譲ったことを後悔しておりまして(笑)。
 オリンパスが「以前のような明るいレンズのデジカメを作らなくなったのは何故か」というインタビューに対し、「CCDの高感度化でその必要がなくなった」と答えてて、「お前ら本当にカメラ屋か!」と立腹したのですが、C2040Zより後に試したデジイチ以外の全てのカメラがこれより明るくありません(^^;。G1と取り替えてもらおうかなぁ。S1ISでほぼ同じことができるので(レンズ暗いけど)、G1の居所がなくなってしまったのです。EOSとバッテリー共有できるし親父がG1持ってた方が都合いい気がする。あとで声かけてみよう。
 C2040Zの問題点は、メディアがスマメなことくらいです(^^;。今刺さってる128MBともう1枚隠し持ってるソリッドオーディオプレーヤーに刺さってる128MBが潰れたらおしまいです。今でも価格容量比当時のまんまなんで高価いしなぁ。

 というわけで4台あってまだ悩むのかと我ながら苦笑いでありました。
 初代エクシリムM1は音声記録とMP3再生が武器ですが、別にこれでやらなくても…という気が若干してるのは秘密。

|

« 今月のスカパー(1)モード | トップページ | 連鎖的出費への踏み台モード »

コメント

まずはS1IS入手おめでとうございます。ふむ、以前に「一体今いくつ所有?」と尋ねて5台の内訳をさらっと聞きましたがこの記事で素晴らしく良く分かりました(笑)。うちも現在は実は家全体では5台あることになります、ご存じRICHO DC-2L(LAY)を始め、CAMEDIA C-3000ZOOM(父)、なぜかFinePix500(LAY)、そしてこの度購入に多大に関与してもらったDIMAGE X50(父)、LUMIX FX7(LAY)です。このうち最もヘビーに使用されたのは現時点でDC-2LとC-3000ZOOM。C-3000ZOOMの細密感と写像の明るさは気に入ってる所です。まったく時代もメーカーもコンセプトもばらばらの物ばかりなので違いは当たり前ですがそれぞれの持ち味を理解していくだけでもとても楽しい物ですね。またデジカメのノウハウについてご教授下さい、あてにしております。

投稿: LAY | 2005年6月 5日 (日) 01時50分

CAMEDIAの中ではCx040系とC5050は別格でして、特にC2040はCCDのインチと画素数のバランスが上位機種である3040/4040より優れているため「画素数神話を覆す画質」として有名でした。で、何故x040系でなくてはいけないかというと、レンズの明るさの都合です。F値1.8はCAMEDIAでもx040と5050のみ。流石に最近は2040/3040は値段落ち着いてきましたが、4040と5050は時期と画素数から考えるとありえない値段でヤフオクで取引されてます。実は私も5050は今でも狙ってます。あれはCFも使えるので。でも今でも4万程普通にします。500万画素のあの時期のカメラで一番相場的には高価かも。
モビルスーツで言うならガンダムWのトールギスのようなものです。古いのに超える性能のものがほとんどありません。
「夕方が真昼間に変わるレンズ」という伝説を残す名機なので、2040をヤフオクでゲットしてみるのも面白いのではと思います。

投稿: ぬまにゃん | 2005年6月 5日 (日) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95939/4412530

この記事へのトラックバック一覧です: 届きましたモード:

« 今月のスカパー(1)モード | トップページ | 連鎖的出費への踏み台モード »